ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 要件事実論30講 第4版

  • 要件事実論30講 第4版

要件事実論30講 第4版

  • 村田渉/編著 山野目章夫/編著 後藤巻則/〔ほか〕著 村田 渉
    東京高等裁判所判事。1955年生まれ。1979年に早稲田大学政治経済学部を卒業し、1982年に司法修習生(36期)、1984年に判事補任官(東京地方裁判所)。1986年福岡地方・家庭裁判所小倉支部判事補、1989年最高裁判所事務総局刑事局付、1995年京都地方裁判所判事、1998年東京地方裁判所判事、2001年司法研修所教官(民事裁判教官)、2005年7月東京地方裁判所判事、2011年7月司法研修所教官(第一部上席教官)、2016年4月仙台地方裁判所所長、2017年3月より現職。2004年4月から2007年3月まで早稲田大学大学院法務研究科客員教授を兼ねる

    山野目 章夫
    早稲田大学大学院法務研究科教授。1958年生まれ。1981年に東北大学法学部を卒業し、同学部助手を経て、1988年に亜細亜大学法学部専任講師、1993年に中央大学法学部助教授、2000年に早稲田大学法学部教授。2004年4月より現職。エクス・マルセイユ第三大学客員教授(2003年3月、2006年3月)

  • ISBN
    978-4-335-35750-3
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,180

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 要件事実の決定版、民法改正をふまえ全面改訂!新たに加わった裁判官を交え、実務家と民法研究者が討議を重ねて作り上げた要件事実の基礎教育と自己学修に最適のスタンダード・テキスト。設例の丁寧な解説とともに、事実摘示例やブロック・ダイアグラムを具体的に示し、演習問題、さらにはコラムや補講、記載例関係一覧表も自習に便利。民法(債権関係)改正に即応させた待望の最新版!
目次
第1部 要件事実論の基礎(要件事実の概念
要件事実論入門
要件事実論と民法 ほか)
第2部 要件事実論の展開(売買
消費貸借
準消費貸借 ほか)
第3部 演習問題(時効取得
売買
消費貸借 ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
版数 第4版
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

法科大学院で学修すべき要件事実の決定版、債権法改正に完全対応の全面改訂版!



【解説】
実務家裁判官(司法研修所教官経験者)と民法研究者(法科大学院教授)が討議を重ねて作り上げた要件事実の基礎教育と自己学修に最適のスタンダード・テキスト。設例の丁寧な解説とともに、事実摘示例やブロック・ダイアグラムを具体的に示し、暗記にたよらない要件事実の学修をめざす良きガイド。
債権法改正の内容を正確に盛り込むために、現司法研修所教官、名古屋・那覇地方裁判所判事の新世代4名の実務家を加え、2年近い討議を経ての満を持しての最新版。
「民法の学習と要件事実論」「主張自体失当とはなにか」などの充実したコラムや補講「民法の債権関係規定の改正に係る経過措置の概説」および巻末の「記載例関係一覧表」も便利。

ページの先頭へ

閉じる

  • 要件事実論30講 第4版
  • 要件事実論30講 第4版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中