ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 小児期トラウマがもたらす病 ACEの実態と対策

  • 小児期トラウマがもたらす病 ACEの実態と対策

小児期トラウマがもたらす病 ACEの実態と対策

  • ドナ・ジャクソン・ナカザワ/著 清水由貴子/訳 ジャクソン・ナカザワ,ドナ(Jackson Nakazawa,Donna)
    デューク大学卒業。科学ジャーナリスト。ヴァージニア州クリエイティブ・アーツ・センター、ニューハンプシャー州マクドウェル・コロニー、ニューヨーク州ヤドーのレジデンス・フェロー。著書に自己免疫国際会議から賞を受賞した『免疫の反逆 自己免疫疾患はなぜ急増しているか』(ダイヤモンド社)がある。家族とともにメリーランド州在住

    清水 由貴子
    上智大学外国語学部卒業。翻訳家

  • シリーズ名
    フェニックスシリーズ 68
  • ISBN
    978-4-7759-4193-5
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 育った環境は体を作ると同時に、そのストレスは健康問題を引き起こすかもしれない。そう警鐘を鳴らすのは、ACE(Adverse Childhood Experiences:逆境的小児期体験)研究だ。この重要かつ大規模な研究によって、小児期の逆境体験と成人後の身体・精神疾患の発症の関係について反論の余地がない事実が明らかになった。この画期的な本で、著者はストレスの影響を受ける子どもと受けない子どもの違い、男性より女性のほうがストレスのリスクが高い理由について解説している。そして、逆境に苦しみ、やっとのことで克服した人たちの体験談を交えながら、脳をリセットする17の方法、大切なわが子を救う14の方法を紹介し、回復への道筋を示している。先駆的な調査に基づき、明晰な文章で書かれた本書を読めば、自分や愛する人がなぜ苦しみにとらわれたのか、どうすれば立ち直ることができるのかを理解できるだろう。
目次
1 私たちはどうやっていまの自分になったか(どんな大人も昔は子どもだった
異なる逆境が同じ病気を引き起こす
傷つきやすい人とそうでない人
逆境の女性脳―自己免疫疾患、うつ病、不安症との関係
人並みの家族)
2 小児期逆境後症候群からの回復―本来の自分を取り戻すにはどうすればいいか(回復への旅
専門家の支援で小児期逆境後症候群から立ち直る
虐待を受けて育った人の子育て―あなたと子どもを助ける14の方法)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:Childhood Disrupted
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 小児期トラウマがもたらす病 ACEの実態と対策
  • 小児期トラウマがもたらす病 ACEの実態と対策

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中