ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • この世界のしくみ 子どもの哲学 2

  • この世界のしくみ 子どもの哲学 2

ポイント倍率

この世界のしくみ 子どもの哲学 2

  • 河野哲也/著 土屋陽介/著 村瀬智之/著 神戸和佳子/著 松川絵里/著 河野 哲也
    立教大学文学部教育学科教授。専門は哲学、倫理学、教育哲学。NPO法人「こども哲学 おとな哲学 アーダコーダ」副代表理事

    土屋 陽介
    開智日本橋学園中学高等学校教諭、開智国際大学教育学部非常勤講師。専門は哲学教育、教育哲学、現代哲学。NPO法人「こども哲学 おとな哲学 アーダコーダ」理事

    村瀬 智之
    東京工業高等専門学校一般教育科准教授。専門は現代哲学・哲学教育

    神戸 和佳子
    東洋大学京北中学高等学校非常勤講師、東京大学大学院教育学研究科博士課程在学。フリーランスで哲学講座、哲学相談を行う

    松川 絵里
    大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任研究員を経て、フリーランスで公民館、福祉施設、カフェ、本屋、学校などで哲学対話を企画・進行。「カフェフィロ」副代表

  • ページ数
    182p
  • ISBN
    978-4-620-32509-5
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1+1は絶対に2?人はなぜ恋をするの?みんなが人生で一度は抱いたことのあるような問いについて、5人の哲学者たちが哲学対話で徹底議論!ほんとうは疑問だったあれこれを一緒にゆっくり考えてみませんか?毎日小学生新聞の大人気連載「てつがくカフェ」が1冊に!
目次
第1章 哲学はくらしのなかに(我思う故に我あり
1+1は絶対に2か?
なんのためにおしゃれをするの? ほか)
第2章 社会のしくみを問うてみる(人間は考える葦である
男と女、どちらが大変?
なぜ人は恋をするの? ほか)
第3章 この世界はどうなっている?(無知の知
物には命があるの?
心ってなんだろう ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 小学34年生 小学5
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

5人の哲学者たちと対話を追いながら、
自然と〈考える力〉が身につく「子どもの哲学」第2弾!
文科省も重要視するアクティブ・ラーニングに必要な
子どもたちの好奇心・思考力・対話力を伸ばす、はじめて読む哲学書。

「毎日小学生新聞」連載としてスタートしたが、
子どもだけでなく親たちからも続々と問いや感想が集まり大人気連載に。
2016年10月より「毎日新聞」でも連載開始。
親子だけでなく一般読者からの支持も熱い。

ページの先頭へ

閉じる

  • この世界のしくみ 子どもの哲学 2
  • この世界のしくみ 子どもの哲学 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中