ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • オーロラの話をしましょう 世界的権威が語るオーロラ研究の黎明期から最新研究まで

  • オーロラの話をしましょう 世界的権威が語るオーロラ研究の黎明期から最新研究まで

オーロラの話をしましょう 世界的権威が語るオーロラ研究の黎明期から最新研究まで

  • 赤祖父俊一/著 赤祖父 俊一
    1930年、長野県生まれ。1953年、東大学理学部地球物理学科を卒業。1958年にアラスカ大学大学院に入学。1964年に教授に就任。アラスカ大学地球物理研究所の所長、アラスカ大学国際北極圏研究センター所長を務めた。おもな受賞歴に、チャップマン・メダル(イギリス王立天文学会)(1976年)、日本学士院賞(1977年)、ジョン・フレミング賞(アメリカ地球物理学連合)(1979年)、勲二等瑞宝章(2003年)、ハネス・アルヴェーン賞(欧州地球科学連合)(2011年)

  • ページ数
    223p
  • ISBN
    978-4-416-61836-3
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • オーロラ研究の世界的権威が、これまでのオーロラ研究の歴史や科学的成果について、最新のオーロラ画像を交え、詳しく解説します。
目次
第1章 オーロラという言葉との出会い
第2章 オーロラの環
第3章 オーロラの光と活動
第4章 人工衛生の活躍
第5章 オーロラ発電機と電流回路
第6章 オーロラ爆発と磁気嵐(リングカレント)
第7章 太陽黒点、太陽滋場、太陽圏、銀河の磁場
第8章 太陽面の爆発現象(フレア)とオーロラ
第9章 オーロラ研究の将来と研究の仕方についての私見

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

オーロラは、地球科学の分野において、科学好きをはじめ一般の人、
さらには理科の得意でない人でも分かりやすい自然現象で、関心の高いテーマの一つです。
毎年、冬になると、オーロラを見に行く内容の番組や記事がテレビや雑誌などで頻繁に紹介され、すでに冬の定番企画になっています。

また、近年、タブレットや携帯電話などをはじめとする電子デバイスの普及により、
オーロラ発生の一因でもある太陽フレアについては、巨大フレアの発生による電波障害が、重大問題として身近なものになりました。
この太陽フレアについては、オーロラ研究においても重要な研究であり、
太陽フレアの解明が進むとともに、オーロラについても年々研究が進んでいます。

本書は、オーロラ研究における世界的権威・アラスカ大学の赤祖父俊一教授によるオーロラについての解説本ですが、
オーロラ現象の起こる仕組み等の科学解説はもちろん、赤祖父教授の60年にわたるオーロラ研究人生を通しての研究での苦労話を交えつつ、
これまでの研究成果、今後のオーロラ研究について、最新のオーロラ画像や研究資料を紹介しながら、やさしく紹介します。

なお、本書は天文ガイドに連載した連載記事をベースに、加筆、修正および構成を変え書籍化とします。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • オーロラの話をしましょう 世界的権威が語るオーロラ研究の黎明期から最新研究まで
  • オーロラの話をしましょう 世界的権威が語るオーロラ研究の黎明期から最新研究まで

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中