ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「大京都」の誕生 都市改造と公共性の時代1895~1931年

  • 「大京都」の誕生 都市改造と公共性の時代1895~1931年

「大京都」の誕生 都市改造と公共性の時代1895~1931年

  • 伊藤之雄/著 伊藤 之雄
    1952年福井県大野市生まれ。1981年京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。名古屋大学文学部助教授、京都大学大学院法学研究科教授等を経て、現在、京都大学大学院法学研究科教授(法学部教授を兼任)

  • ページ数
    518,11p
  • ISBN
    978-4-623-08117-2
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,500 (税込:8,100

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かつて「三都」の一つであった京都は、維新後の没落と都市間競争の激化にどう立ち向かったのか。明治前期の琵琶湖疏水建設に始まり、日露戦争後の都市改造事業である三大事業(第二疏水・上下水道・道路拡張と市電)による都市近代化、そして第一次世界大戦後の周辺市町村への中心市街地拡充という都市計画事業と景観保護の始まり。本書では、近代京都が行った二つの都市改造事業について、政治家や市職員、そして市民たちによる構想と展開を解明する。
目次
日本の近代都市の歴史と都市の未来
第1部 三大事業―日清・日露戦争後の近代京都の形成(日清戦争後の都市改造事業の胎動
カリスマ市長と三大事業計画
三大事業の展開と完成)
第2部 都市計画事業―第一次世界大戦後の「大京都」の形成(都市計画事業の思想と公共性
「大京都」を目指す都市計画事業計画
戦後不況と都市計画事業反対運動
歴史的景観問題の本格的登場と公共性
市長不在下の市幹部技術職員の事業計画推進
市民・市議と市幹部技術職員による公共性の決定
戦後不況下の都市計画事業の推進)
近代京都の都市改造から考える

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

かつて「三都」の一つであった京都は、維新後の没落と都市間競争の激化にどう立ち向かったのか。明治前期の琵琶湖疏水建設に始まり、日露戦争後の都市改造事業である三大事業(第二疏水・上下水道・道路拡張と市電)による都市近代化、そして第一次世界大戦後の周辺市町村への中心市街地拡充という都市計画事業と景観保護の始まり。本書では、近代京都が行った二つの都市改造事業について、政治家や市職員、そして市民たちによる構想と展開を解明する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「大京都」の誕生 都市改造と公共性の時代1895~1931年
  • 「大京都」の誕生 都市改造と公共性の時代1895~1931年

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中