ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 常勝投資家が予測する日本の未来

  • 常勝投資家が予測する日本の未来

常勝投資家が予測する日本の未来

  • 玉川陽介/著 玉川 陽介
    1978年神奈川県大和市生まれ。学習院大学卒。学習院さくらアカデミー講師。大学在学中に統計・情報処理受託の会社を立ち上げ、28歳のときにM&Aにより上場会社に売却。その資金で世界の株式、債券、不動産などに投資する個人投資家となる。世界20カ国以上で銀行と不動産市場を調査し、経済誌などへの執筆も行う

  • シリーズ名
    光文社新書 931
  • ページ数
    228p
  • ISBN
    978-4-334-04337-7
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

780 (税込:842

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 空き家問題・築古マンション、なくなる士業・変わる就職活動、地方再生・高騰する都心、ベンチャー企業ブームの終焉・新たな基幹産業。2025年に何が起きているか?金融経済・情報技術・社会システムから東京五輪後の日本を読む。
目次
第1章 “金融経済”のゆくえ(2025年の景気動向 日本は再びバブルを経験する
2025年のマイホーム事情 アジア人富裕層が経済移民として押し寄せる
2025年の地方都市 地方にこそ世界を変える夢がある)
第2章 “情報技術”のゆくえ(2025年のスタートアップ企業 渋谷のビル街の栄枯盛衰
2025年の花形産業 まとめサイトは終わり理工学ベンチャーへ
2025年のデジタル技術 人工知能と遺伝子情報で情報工学は神の領域へ)
第3章 “社会システム”のゆくえ(2025年の学校教育 古典と漢文は社会で役に立たないのでなくなる
2025年の働き方と就活 一億総契約社員時代の到来
2025年になくなる仕事 士業の多くは仕事がなくなり廃業する
2025年の社会インフラ 購買履歴で個人の行動が丸裸に
2025年効率化社会の行く末 人工知能と無人倉庫は幸せな未来か)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 常勝投資家が予測する日本の未来
  • 常勝投資家が予測する日本の未来

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中