ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • メルケルと右傾化するドイツ

  • メルケルと右傾化するドイツ

メルケルと右傾化するドイツ

  • 三好範英/著 三好 範英
    1959年東京都生まれ。東京大学教養学部相関社会科学分科卒。82年、読売新聞社入社。90~93年、バンコク、プノンペン特派員。97~2001年、06~08年、09~13年、ベルリン特派員。編集委員。『ドイツリスク「夢見る政治」が引き起こす混乱』(光文社新書)で第25回山本七平賞特別賞を受賞

  • シリーズ名
    光文社新書 930
  • ページ数
    316p
  • ISBN
    978-4-334-04336-0
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

840 (税込:907

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 英国のEU離脱、トランプ大統領誕生、そして2017年9月のドイツ総選挙における右派政党(AfD)の躍進―いずれの危機にも深く関わってきたのがメルケルだった。危機解決のために尽力する姿が印象深いが、実はいずれにおいてもメルケルの政策こそが、危機を醸成し促進することに関わっていた。本書では、先の選挙で4選を確実にしたメルケルの生涯と業績をできるだけ客観的にたどり、その強さの秘密を分析する。同時に、メルケル率いるドイツこそ世界の地殻変動の一つの震源地ではないかという仮説に基づき、論を展開していく。メルケルは世界の救世主か?それとも破壊者か?『ドイツリスク』で山本七平賞特別賞を受賞した著者による画期的な論考!
目次
序章 危機の震源地ドイツ
第1章 共産主義体制の孤島(幼年、少女時代)
第2章 雌伏の女性物理学者(大学、研究者時代)
第3章 民主化の嵐に突入(「民主的出発」、副報道官時代)
第4章 首相への階段(閣僚、野党指導者時代)
第5章 危機管理首相(第1次政権)
第6章 ギリシャと原発(第2次政権)
第7章 世界の救世主か破壊者か(第3次、4次政権)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • メルケルと右傾化するドイツ
  • メルケルと右傾化するドイツ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中