ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 賢者の勉強技術 短時間で成果を上げる「楽しく学ぶ子」の育て方

  • 賢者の勉強技術 短時間で成果を上げる「楽しく学ぶ子」の育て方

ポイント倍率

賢者の勉強技術 短時間で成果を上げる「楽しく学ぶ子」の育て方

  • 谷川祐基/著 谷川 祐基
    1980年生まれ。愛知県立旭丘高校卒。東京大学農学部緑地環境学専修卒。株式会社日本教育政策研究所代表取締役。大学卒業後は5年間のサラリーマン生活を経て、起業。ベンチャー企業や学習塾において、コンサルティング事業やカリキュラム作成などの教育事業を手掛ける。趣味が高じて、マリンスポーツ・インストラクターとしても活躍中

  • ページ数
    340p
  • ISBN
    978-4-484-18211-7
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 賢者=「最短時間で楽しく最大の成果」を得る者。愚者=「努力は苦労」と履き違えている者。勉強はシンプルだった。先生の本音を知れば、効率的で楽しい勉強技術は身につけられる。教師家庭に育ったからわかった“勉強の本質”とは。
目次
第1章 学校という現場―先生の本音を知れば、子どもの努力をムダにせずに済む(宿題で学力は伸びない
宿題を10分で終えると怒られる ほか)
第2章 主体性の正体―勝手に伸びる子を育てる秘訣は子どもの立場を知ること(大人と子どもは生きている時間が違う
子どもの成長に合わせて親の接し方を変える ほか)
第3章 最強の勉強技術―最短時間で最大の成果を上げる効率的な勉強法(勉強とは暗記ゲームではなくてコミュニケーションである
単純だが効果が高い「先生の話を聴く」こと ほか)
第4章 親にできるサポート―子どものやる気を引き出す声のかけ方(勉強において、叱る場面は存在しない
必ず成果が出る目標の立て方 ほか)
第5章 「勉強」の本質―子どもに手にしてもらいたい自立と自由(学歴で手に入るのは、成功でも安定でもなく自由と可能性
中学受験をどう考えるか?中高一貫校に行くと成績が下がるというデータ ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

勉強は「暗記ゲーム」「我慢大会」と思われがちだが、コミュニケーションの訓練である。
学校の勉強とは「先生の言いたいことをわかってあげる」ゲーム。受験とは「出題者の言いたいことをわかってあげる」ゲーム。
答え合わせの力を養えば勉強の8割はできている。
勉強力を身につけさせるために親ができることとは?
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 賢者の勉強技術 短時間で成果を上げる「楽しく学ぶ子」の育て方
  • 賢者の勉強技術 短時間で成果を上げる「楽しく学ぶ子」の育て方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中