ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 林京子の文学 戦争と核の時代を生きる

  • 林京子の文学 戦争と核の時代を生きる

林京子の文学 戦争と核の時代を生きる

  • 熊芳/著 熊 芳()
    中国・江西省景徳鎮市生まれ。博士(国際文化)。専攻は日本近現代文学・原爆文学。2013年、修士論文「被爆作家林京子における上海体験の意味―『ミッシェルの口紅』、『上海』、『予定時間』を中心に」にて第六回中国日本学研究「CASIO杯」優秀修士論文二等賞受賞。2014年、国費外国人留学生として来日、法政大学大学院国際文化研究科に入学、指導教員川村湊教授のもとで、博士後期課程修了。2017年3月、博士号取得。中国・南昌大学外国語学院日本語学科の専任講師

  • ページ数
    353p
  • ISBN
    978-4-7554-0283-8
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 主要作品を読み解きながら、日本人の戦争・戦後責任、原爆と原発による加害と被害問題を考察した書き下ろし論稿。
目次
第1章 上海(戦争)体験(戦中生活の「光」と「影」―『ミッシェルの口紅』
戦後上海再訪記―『上海』
大人としての上海追体験―『予定時間』)
第2章 「八月九日」の語り部(体験と記憶―『祭りの場』
「傷もの」の有り様―『ギヤマンビードロ』
「八月九日」を語る―『無きが如き』
鎮魂の「紙碑」―『やすらかに今はねむり給え』)
第3章 戦後を生きる被爆者(『三界の家』とは…
結婚生活の“奥底”―『谷間』
もう一つの「鎮魂」―『長い時間をかけた人間の経験』)
第4章 核の恐怖と人間の存在(被爆者は“人間”だけなのか―『トリニティからトリニティへ』
“反原発”へ―『収穫』
“再出発”の可能性―『希望』
「フクシマ」後の報告―『再びルイへ』)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 林京子の文学 戦争と核の時代を生きる
  • 林京子の文学 戦争と核の時代を生きる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中