ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 古代ギリシアにおける哲学的知性の目覚め

  • 古代ギリシアにおける哲学的知性の目覚め

古代ギリシアにおける哲学的知性の目覚め

  • 佐藤康邦/著 佐藤 康邦
    倫理学、哲学。東京大学名誉教授。主な著書に『カント『判断力批判』と現代』(岩波書店、第18回和辻哲郎文化賞受賞)などがある。1944年東京都生まれ。1973年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。同大学教養学部社会科学科助手。1977年東洋大学文学部専任講師。1980年同大学助教授。1989年同大学教授。1996年東京大学大学院人文社会系研究科教授。2006年東京大学名誉教授、放送大学教授。2014年放送大学客員教授

  • シリーズ名
    放送大学叢書 041
  • ページ数
    197p
  • ISBN
    978-4-86528-189-7
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人はいつ、哲学しはじめたのだろうか。トゥーキュディデースの歴史記述、エウリピデスの悲劇、華開く古代ギリシア文化の精髄を味わいながら、近代へと注ぎこむギリシア精神を捉える。
目次
第1章 神話から歴史へ―ヘロドトスの『ヒストリア』
第2章 人間洞察と歴史記述―トゥーキュディデースとペロポネソス戦争(上)
第3章 アテネ民主主義の運命―トューキュディデースとペロポネソス戦争(下)
第4章 ギリシア悲劇の近代性―アイスキュロス、ソフォクレス、エウリピデス
第5章 近代哲学に響くギリシア悲劇―ヘーゲルとニーチェの哲学
第6章 恋愛小説としてのプラトン対話篇―アリストファネス、プラトン
第7章 ギリシア文化の影響力―遠近法の歴史

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 古代ギリシアにおける哲学的知性の目覚め
  • 古代ギリシアにおける哲学的知性の目覚め

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中