ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 蝉の交響詩

  • 蝉の交響詩

ポイント倍率

蝉の交響詩

  • アンドレアス・セシェ/著 酒寄進一/訳 セシェ,アンドレアス(S´ech´e,Andreas)
    1968年、ドイツのラーティンゲン生まれ。大学で政治学、法学、メディア学を学ぶ。ジャーナリストであり、新聞社で働いた経験がある。ミュンヘンの科学雑誌の編集者を数年間つとめた後、デュッセルドルフ近郊にある故郷へ戻り、パートナーと田舎に暮らしながら小説を書いている

    酒寄 進一
    1958年茨城県生まれ。和光大学教授・ドイツ文学翻訳家

  • ページ数
    222p
  • ISBN
    978-4-89013-784-8
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 全体主義国家へと変貌した楽園シラケシュで、セリムは命を賭したヴァイオリン演奏に挑む。期待の新星セシェの音楽小説。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:ZEIT DER ZIKADEN
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

砂漠をさまよい、瀕死の状態でマスクラン村にたどりついたセリム。やがて目覚めた彼は、恩人イブラヒムに少しずつ身の上を語り始める。ヴァイオリンに心魅かれ、夢中で手ほどきを受けた少年の頃。ミリアムとの初恋。そんな日々をよそにかつての楽園シラケシュはいつしか全体主義に覆われていく。悲痛な思いを胸に放浪し、ついに魂をぶつけるにふさわしいサン=サーンスの曲を見出したとき、セリムに命を賭したヴァイオリン演奏の晩が訪れる。『囀る魚』のセシェがおくる魂の音楽小説。

ページの先頭へ

閉じる

  • 蝉の交響詩
  • 蝉の交響詩

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中