ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 汽水域に生きる巻貝たち その生態研究史と保全

  • 汽水域に生きる巻貝たち その生態研究史と保全

汽水域に生きる巻貝たち その生態研究史と保全

  • 和田恵次/著 和田 恵次
    奈良女子大学名誉教授、理学博士。1950年和歌山市生まれ。1979年京都大学大学院理学研究科博士課程単位認定退学。京都大学理学部助手、奈良女子大学助教授・教授を経て2016年退職。いであ株式会社大阪支社技術顧問

  • ページ数
    14,144p
  • ISBN
    978-4-486-02167-4
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人間活動の影響を最も強く受ける汽水域。そこがつくり出す固有の環境に適応して生きる巻貝たちの多様な生き様と、それに基づいた汽水域保全の視点を、著者の体験を通して語る。
目次
第1章 汽水域の環境と生物―既往の情報(汽水域の環境特性と生物分布
北欧のHydrobia属)
第2章 半球型の巻貝(タマキビ科(Littorinidae)―陸域に適応した貝
スガイ―緑藻カイゴロモとの共生
イシマキガイ―淡水域まで遡上する貝)
第3章 塔型の巻貝その1(コゲツノブエ―殻上に産卵する貝
ウミニナとホソウミニナ―発生様式が異なる近似種
イボウミニナ―堆積物食と懸濁物食を両用する貝)
第4章 塔型の巻貝その2(センニンガイとキバウミニナ―マングローブ湿地の代表種
ヘナタリとカワアイ―干潟の絶滅危惧種
フトヘナタリ―塩性湿地の代表種
タケノコカワニナ―汽水域上端に住む貝)
第5章 微小貝(ワカウラツボ―泥に埋没した石下に生きる稀少貝
ワカウラツボの生活史と個体群動態
カワンンショウ科―塩性湿地の微小貝
カワザンショウ類の生活史と食性)
第6章 汽水性巻貝の生活史と気水域の保全(汽水性巻貝の生活史特性のまとめ
汽水域の生物への人為的影響
日本の汽水域に侵入する外来生物
姿を消しつつある汽水域の巻貝)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

海水と淡水が入り混じる汽水域に、好んで生息している巻貝の種も多い。
しかし最近、その多くが減少や絶滅の危機にあることがわかってきた。
本書はそんな巻貝たちの生態的特徴を描出し、保全する上で重要な研究成果を紹介する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 汽水域に生きる巻貝たち その生態研究史と保全
  • 汽水域に生きる巻貝たち その生態研究史と保全

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中