ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エッセンシャルタンパク質工学

  • エッセンシャルタンパク質工学

エッセンシャルタンパク質工学

  • 老川典夫/著 大島敏久/著 保川清/著 三原久明/著 宮原郁子/著 老川 典夫
    博士(農学)。1991年京都大学大学院農学研究科博士後期課程農芸化学専攻研究指導認定退学。関西大学化学生命工学部生命・生物工学科教授

    大島 敏久
    農学博士。1975年京都大学大学院農学研究科博士課程農芸化学専攻退学。大阪工業大学工学部生命工学科教授、京都教育大学名誉教授、徳島大学名誉教授、九州大学名誉教授

    保川 清
    医学博士。1984年東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻教授

    三原 久明
    博士(農学)。1999年京都大学大学院農学研究科博士後期課程農芸化学専攻研究指導認定退学。立命館大学生命科学部生物工学科教授

    宮原 郁子
    博士(理学)。1994年大阪市立大学大学院理学研究科化学専攻後期博士課程中退。大阪市立大学大学院理学研究科物質分子系専攻准教授

  • ISBN
    978-4-06-153899-3
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,520

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 学部生向けのテキスト。タンパク質の基礎、最新の遺伝子工学を解説し、実際の応用例も紹介。異分野の方の入門書としても最適。
目次
アミノ酸とタンパク質の構造と性質
タンパク質の抽出・精製と分析
タンパク質の構造決定
タンパク質の生合成と分解
タンパク質の構造形成と輸送
酵素としてのタンパク質
遺伝子工学
遺伝子発現とタンパク質精製
タンパク質工学の実際(酵素としてのタンパク質
機能/構造タンパク質)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

本書では,最先端の知識や技術を含め,タンパク質工学について体系的に学べます。
第1章ではタンパク質工学の目的および意義について説明しました。
第2章ではタンパク質を構成するアミノ酸の性質やタンパク質の基本的な性質について,第3章ではタンパク質の基本的な取り扱い方法である細胞などからの抽出と精製・分析方法について,第4章では精製タンパク質のさまざまな構造決定方法について学びます。
第5章ではタンパク質の生合成と分解の基礎について学び,第6章ではタンパク質を構成するポリペプチド鎖が,どのように高次構造を形成するのか,そしてどのような機構でそれぞれが機能する場所へと運ばれるのかについて翻訳後修飾を含めて学びます。
第7章では触媒活性をもつタンパク質である酵素について基本的な性質を学び,さらに,第8章ではタンパク質工学の研究手法として重要な遺伝子工学について,第9章ではタンパク質をどのようにさまざまな細胞で発現させるのかについて最新の方法を含めて学びます。
最後に,第2章から第9章までで学んだ知識や技術が,実際にどのように生かされているかを,第10章では酵素を中心に,第11章では機能タンパク質・構造タンパク質を中心に,具体的な研究例をもとに理解します。
タンパク質工学は現代のライフサイエンス,バイオテクノロジーの分野において重要な位置づけにあります。本書は「工学」として一本筋を通し,基礎と最先端の応用がつながるように努めました。学部生の教科書としても,異分野の方の参考書としてもお薦めします。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • エッセンシャルタンパク質工学
  • エッセンシャルタンパク質工学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中