ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大正新教育の受容史

  • 大正新教育の受容史

大正新教育の受容史

  • 橋本美保/編著 橋本 美保
    1963年広島県生まれ。1990年日本学術振興会特別研究員(DC)。広島大学大学院教育学研究科博士課程後期中途退学。東京学芸大学教育学部専任講師、助教授、准教授を経て、東京学芸大学教育学部教授、博士(教育学)広島大学

  • ISBN
    978-4-7989-1467-1
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,700 (税込:3,996

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 西洋出自の新教育思想の影響を受け、教師と子どもが一体となり展開されたわが国初の民間教育運動―大正新教育運動。それは昭和の軍国主義によって終焉を迎え、わが国にかつて存在した自由と協働による理想的な教育実践の憧憬となっている。西洋の新教育理論及びその影響を受けた数々の日本人教育家たちの思想の精細な検討を通じて、躍動する大正新教育の実態を描いた前著『大正新教育の思想』を受容史として捉え直すことで、西洋の新教育思想の普及とそれを受けた日本の教育実践家たちの葛藤や取捨選択を詳述し、その受容に至るプロセスを描いた力作である。
目次
新教育の受容史とは
第1部 欧米新教育情報と日本の教育界(モンテッソーリ教育情報の普及
ゲーリー・プラン情報の普及
ドクロリー教育情報の普及
プロジェクト・メソッド情報の普及
ドルトン・プラン情報の普及 ほか)
第2部 国際的視点からのアプローチの可能性(北澤種一によるデモクラシー概念の受容―共通主義の基底としての興味
甲賀ふじによる進歩主義保育実践の受容―保育法研究のプロセスに着目して
大正新教育におけるサティス・コールマン「創造的音楽」の受容―受容主体による理解を中心に
明石女子師範学校附属小学校におけるドクロリー教育法の受容―及川平治によるドクロリー理解とカリキュラム開発
大正新教育の実践に与えたドクロリー教育法の影響―「興味の中心」理論の受容を中心に)
実践家の思想を捉えるパースペクティヴ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 大正新教育の受容史
  • 大正新教育の受容史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中