ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 応援される会社 熱いファンがつく仕組みづくり

  • 応援される会社 熱いファンがつく仕組みづくり

応援される会社 熱いファンがつく仕組みづくり

  • 新井範子/著 山川悟/著 新井 範子
    上智大学経済学部経営学科教授。インターネットやアプリを使ったデジタルなマーケティング、デジタル空間での消費者行動やブランディッド・エンターテインメントを中心に研究をしている

    山川 悟
    東京富士大学経営学部教授。広告会社のマーケティング部門において、広告計画、販売促進計画、ブランド開発、商品開発などに携わった。専門はマーケティング論、創造性開発(プランニング、事業モデル開発)、コンテンツビジネス論

  • シリーズ名
    光文社新書 926
  • ISBN
    978-4-334-04332-2
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

780 (税込:858

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近年、顧客による熱を帯びたブランド愛顧行動が話題を呼び、マーケティングの研究対象となってきた。好きな商品を大量に仕入れて仲間内で販売する、お気に入りブランドの広告を制作して動画サイトにアップする、商品の新用途を考えて逆提案する、先行き不明な新事業にクラウドファンディングで寄付する、経営危機の企業にボランティアで知恵を貸す、終売してしまった商品を復刻させる、などである。これらはまさに顧客が、プレイヤーとしてのブランド応援団の様相を示している事例であろう。もはや、商品・サービスを通じて便益を受ける立場に飽き足らず、「何かをしてあげたい対象」として企業やブランドを位置づけている。
目次
第1章 なぜ今、「応援」を考えるのか(浸透する応援経済
応援経済が進む背景 ほか)
第2章 応援経済が進行している(応援の分類
消費者の応援行動が生み出す価値)
第3章 応援されるブランドの類型と特徴(崇拝型応援タイプ―時代の先鋒として道を切り開く存在
愛着型応援タイプ―手に届きそうな距離感を保つ ほか)
第4章 応援される会社「4つの必要条件」(社会課題ドメイン(領域)の定義
価値競争への転換
内部(インターナル)ブランディングの優先
ブランドコミュニティとの共栄)
第5章 応援を味方につける方法

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 応援される会社 熱いファンがつく仕組みづくり
  • 応援される会社 熱いファンがつく仕組みづくり

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中