ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 追及力 権力の暴走を食い止める

  • 追及力 権力の暴走を食い止める

ポイント倍率

追及力 権力の暴走を食い止める

  • 望月衣塑子/著 森ゆうこ/著 望月 衣塑子
    1975年、東京都生まれ。東京新聞社会部記者。慶應義塾大学法学部卒業。千葉、埼玉などの各県警、東京地検特捜部、東京地・高裁を担当後、整理部、経済部を経て社会部へ。2017年4月以降、森友・加計問題を取材し、官邸会見で菅官房長官の追及を続ける

    森 ゆうこ
    1956年、新潟県生まれ。現在、3期目の参議院議員(自由党)。新潟大学法文(現・人文)学部英文科卒業。元横越町議。元文部科学副大臣。小沢一郎氏が巻き込まれた西松建設・陸山会を巡る一連の事件で真相解明に奔走。2017年の衆議院選挙では野党結集を呼びかけ、地元新潟県は野党側が圧勝を収めた

  • シリーズ名
    光文社新書 924
  • ISBN
    978-4-334-04330-8
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

760 (税込:821

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国家レベルの不正が疑われる森友・加計問題で、政府への厳しい質疑が注目を集める新聞記者と野党議員による緊急対談。一連の問題の焦点は首相が便宜を図ったか否か。まさに民主主義の根幹を揺るがす大疑獄だ。ところが当初、政府・与党側の否認のみならず、仲間内からも「そんな小さな問題に」という反発の声が上がった。それでも二人が問題の本質を見抜き、自らの信念を貫けたのはなぜか?一強多弱で権力の暴走を許してしまっている今、ジャーナリズムと野党の存在意義を問い直す。
目次
はじめに 「追及力」は記者や政治家だけのスキルではない
序章 私たちの原点
第1章 森友・加計問題の真実を求めて
第2章 権力の暴走を食い止めるために
第3章 問う技術
第4章 「国難」の本質を衝く
終章 出る杭として打たれても
おわりに カッコつけずにストレートに聞く

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 追及力 権力の暴走を食い止める
  • 追及力 権力の暴走を食い止める

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中