ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 米朝開戦 金正恩・破局への道

  • 米朝開戦 金正恩・破局への道

米朝開戦 金正恩・破局への道

  • 斎藤直樹/著 斎藤 直樹
    1977年3月、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1979年3月、慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了。1987年7月、マイアミ大学国際問題大学院博士課程(the Graduate School of International Studies,the University of Miami)修了。国際学博士号(Ph.D.in international Studies)取得。山梨県立大学教授、慶應義塾大学兼任講師、神田外国語大学兼任講師、日本国際フォーラム上席研究員など。専攻は国際政治論、国際関係論、安全保障論、国際機構論など

  • ページ数
    200p
  • ISBN
    978-4-8460-1678-4
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 北朝鮮核保有の論理と現実。『北朝鮮「終りの始まり」2001‐2015』(2016年)を著し、朝鮮半島有事の可能性を数年~数十年後とした著者が、2016‐17年の金正恩とトランプ政権の動向から、2018年を「開戦前夜」と分析する!
目次
第1章 破局へ突き進む金正恩の一人独裁体制(一人独裁体制を目指す金正恩(二〇一二年~一五年)
金正恩の賭け―対米核攻撃能力の獲得(二〇一六年)
金正恩とトランプ(二〇一七年))
第2章 破局へ向かう展望(大規模軍事衝突の可能性
軍事クーデターの可能性
暴動や蜂起の可能性)
第3章 米朝開戦前夜(金正恩の目論見―対米核攻撃能力の獲得と米朝核交渉
第六回核実験の断行と習近平指導部による圧力行使の限界
対話の可能性
結論 わが国への核ミサイル攻撃の可能性)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 米朝開戦 金正恩・破局への道
  • 米朝開戦 金正恩・破局への道

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中