ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 犯罪学と精神医学史研究 2

  • 犯罪学と精神医学史研究 2

犯罪学と精神医学史研究 2

  • 影山任佐/著 影山 任佐
    医師・医学博士。昭和23年福島県郡山市にて出生。昭和47年東京医科歯科大学医学部卒業・医師免許取得

  • ページ数
    332p
  • ISBN
    978-4-7724-1601-6
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,000 (税込:6,480

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人間学を欠いた犯罪学は罔く、科学を欠いた犯罪学は殆い。犯罪精神医学の展延と深化の追求のなかで著者が提唱してきた「総合犯罪学」から「統合犯罪学」への道程と、フランス精神病理学の泰斗アンリ・エーの器質・力動論を導きの糸に、犯罪学史・精神医学史の草叢にわけいり、没理論的精神医学の現状に抗して、犯罪学・精神医学の精緻化の鍵とその基盤となる人間学を探索する。有機的に重層する各章を通して、著者の壮大な理論的・実践的構想を垣間見る論集の第二弾。
目次
第1部 犯罪学編(「総合犯罪学」と「統合犯罪学」―統合理論・統合人間学
日本犯罪学会および犯罪学の歴史的研究(日本犯罪学会誕生と犯罪精神医学の先駆者―杉江董
第二期日本犯罪学会と葛藤犯罪学の先駆者―菊地甚一))
第2部 精神医学史編(器質・力動論と有機・精神力動論的人間学
用語「精神医学」をめぐって ほか)
第3部 精神保健編(臨床犯罪学の重要性―地域精神医療のさらなる充実と初犯防止のために/佐世保と名古屋の女子学生による殺人事件に思う
相模原障害者福祉施設大量殺人事件に思う―地域精神医療のさらなる推進と臨床犯罪学、総合犯罪学そして統合犯罪学の展開)
第4部 エッセイ編(先達を偲ぶ
読書の楽しみ ほか)

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

人間学を欠いた犯罪学は罔(くら)く,科学を欠いた犯罪学は殆(あやう)い。犯罪精神医学の展延と深化の追求のなかで著者が提唱してきた「総合犯罪学」から「統合犯罪学」への道程と,フランス精神病理学の泰斗アンリ・エーの器質・力動論を導きの糸に,犯罪学史・精神医学史の草叢にわけいり,没理論的精神医学の現状に抗して,犯罪学・精神医学の精緻化の鍵とその基盤となる人間学を探索する。有機的に重層する各章を通して,著者の壮大な理論的・実践的構想を垣間見る論集の第二弾。

ページの先頭へ

閉じる

  • 犯罪学と精神医学史研究 2
  • 犯罪学と精神医学史研究 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中