ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 密教の聖地高野山 その地に眠る偉人たち

  • 密教の聖地高野山 その地に眠る偉人たち

密教の聖地高野山 その地に眠る偉人たち

  • 上永哲矢/著 野田伊豆守/著 上永 哲矢
    1972年、神奈川県生まれ。歴史文筆家。日本史・三国志を中心とした歴史の記事、旅や温泉のルポを雑誌や書籍に寄稿

    野田 伊豆守
    1960年、東京生まれ。日本大学藝術学部卒業後、徳間書店を経てフリーランスに。近現代を中心とした歴史物をはじめ音楽、アウトドア、旅行、鉄道など幅広いジャンルに精通

  • シリーズ名
    サンエイ新書 1
  • ページ数
    175p
  • ISBN
    978-4-7796-3503-8
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

880 (税込:950

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 高野山の「奥之院」には、歴史上に名を残した数多の偉人の魂が祀られている。その供養培の数は実に数万基にも達するそうだが、特に多いのが織田信長・明智光秀・武田信玄・上杉謙信といった、いわゆる戦国武将を祀ったものである。その名を聞けば歴史に詳しくない人でも知っているような著名な人物たちである。生前、敵として戦ったり、殺したり殺されたりした間柄の人物が同じところに祀られているのだ。主義主張も信仰していた宗派も違った人々の供養塔が、なぜこのようにひとつの場所に集まっているのか。なぜ高野山だけが全国各地の寺院の中で、特別な存在なのか―。
目次
第1章 平安~鎌倉時代―空海による開基から武士の入山(空海の生涯にみる高野山成立と弘法大師伝説の誕生
空海と高野山の年表(平安時代まで) ほか)
第2章 戦国時代―戦乱の中の高野山(上杉謙信・景勝 越後の軍神も悩み多く二度にわたり高野山へ登った
武田信玄・勝頼 比叡山を焼き討ちした信長に怒りの書状を送りつけた ほか)
第3章 江戸時代―徳川政権下の高野山(徳川家康 戦国乱世に終止符を打ち、泰平の世を作り上げた
徳川秀忠・家光 徳川家霊台を造営。さらに空海の持仏堂を寄進 ほか)
第4章 近代―激動の世界情勢と高野山(明治初期の廃仏毀釈によりかつてない試練を経験
時代も宗派も超越した弘法大師の威徳に包まれる ほか)

商品詳細情報

サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 密教の聖地高野山 その地に眠る偉人たち
  • 密教の聖地高野山 その地に眠る偉人たち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中