ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大学生のための生態学入門

  • 大学生のための生態学入門

大学生のための生態学入門

  • 西村尚之/著 原登志彦/監修 若土もえ/作画 原 登志彦
    1983年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。現在、北海道大学低温科学研究所教授、理学博士。専門は植物生態学

    西村 尚之
    1998年岡山大学大学院自然科学研究科博士課程修了。現在、群馬大学社会情報学部教授、博士(農学)。専門は森林生態学

  • ページ数
    247p
  • ISBN
    978-4-320-05786-9
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は,大学生が学ぶべき生態学の内容を,より入門向けに編述したものである。
    生物と生物を取り巻く諸現象との関わりについての認識は,地球上の生物圏で生活する人類にとって必要不可欠である。生物集団と環境との関わりを学問とする生態学の考え方は,多様な生物を育む生態系の保全のための科学的基礎となる。本書は,個体群・生物群集・生態系や生物多様性に関する生態学の主要な領域を中心に,生態学の基礎となる一般生物学的な知識である「生命の起源」,「自然生物学の歴史」,「分子遺伝と進化」,「光合成の生理」など,幅広くかつできる限り新しい事例を取り上げて解説したヒトの生存に関わる生態系を科学する教科書である。
目次
生物圏と生態学
生物種の系統と進化
生物の生活資源と個体群
個体群の成長過程と密度効果
生物群集と生態系
種間競争と種の共存
生活史の進化と多様性
生態系における物質の生産と循環
世界の生物の分布とバイオーム
日本の森林植生
植生の遷移と更新
生態系と生物多様性
人間活動と生態系

商品詳細情報

サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 大学生のための生態学入門
  • 大学生のための生態学入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中