ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 植民地台湾の自治 自律的空間への意思

  • 植民地台湾の自治 自律的空間への意思

植民地台湾の自治 自律的空間への意思

  • 野口真広/著 野口 真広
    1974年生まれ。早稲田大学地域・地域間研究機構次席研究員。早稲田大学大学院・社会科学研究科・博士(学術)

  • シリーズ名
    早稲田大学エウプラクシス叢書 009
  • ページ数
    322,5p
  • ISBN
    978-4-657-17807-7
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 楊肇嘉とは何者か?植民地時代、台湾人による台湾のための自治を目指した人々がいた。
目次
第1章 旧慣と植民地統治の結合(雲林事件と旧慣自治「保甲」の利用
「旧慣」利用から同化政策への変化
一九一〇年代の安定化と同化主義の再検討)
第2章 戦間期における植民政策の変容(「地方政治家」楊肇嘉の覚醒
植民地人による植民政策の研究)
第3章 統治者による漸進的改革とその限界(石塚英蔵総督の経験的植民政策
郡警分離の構想と挫折
霧社事件から見る政策意図と効果の捻じれ)
第4章 台湾人による植民政策学の応用(台湾地方自治連盟による植民政策学の応用
台湾地方自治と自律的立憲主義
台湾自治を制約する満州問題)
結論 幻の台湾自治

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

日本統治時代、立憲主義に基づき英米の植民政策を応用して台湾人による自律的な地方自治を目指した人々がいた。
早稲田大学で学んだ楊肇嘉を中心に、植民地時代の台湾人による自治運動がどのように形成されたのかに注目し、日本の植民地施策研究に新たな視点を与える。

ページの先頭へ

閉じる

  • 植民地台湾の自治 自律的空間への意思
  • 植民地台湾の自治 自律的空間への意思

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中