ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • プロ投資家の「株を買いたくなる会社」の選び方 ―なぜトヨタは「買い」ではないのか

  • プロ投資家の「株を買いたくなる会社」の選び方 ―なぜトヨタは「買い」ではないのか

ポイント倍率

プロ投資家の「株を買いたくなる会社」の選び方 ―なぜトヨタは「買い」ではないのか

  • 加谷珪一/著 加谷 珪一
    経済評論家。東北大学工学部原子核工学科卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は、金融、経済、ビジネス、ITなど多方面の分野で執筆活動をおこなっている。自ら億単位の資産を運用するカリスマ投資家でもある

  • ページ数
    220p
  • ISBN
    978-4-86581-132-2
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 誰も言わない新しい会社の選び方!企業を選別するプロ投資家のとっておきのスキル!人口減少の大転換期を迎える日本は投資チャンス拡大!企業の将来は数字、市場、シナリオの3つで読む!トヨタ、三菱重工、東芝、ソフトバンク、セブン&アイ、LINE、楽天、三菱UFJ、ソニー、ヤマトの明日はどうなる!
目次
1 投資先はシンプルに選ぶ(イメージで会社を選ぶのは大間違い
技術とはつねに進歩するもの
投資とは「将来」にお金を投じること
マスメディアの報道を使うにはコツが要る
会社選びはここを見る1「数字(財務)」 ほか)
2 日本の10社の将来を評価する(トヨタ自動車―EV時代には不利な会社
三菱重工業―目玉事業のMRJをやめられるか
東芝―投機案件としての可能性しかない
ソフトバンクグループ―借金も資産も期待値も大きいグローバル企業
セブン&アイ・ホールディングス―人口減少・飽和市場をどう乗り切るか ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

誰も言わない新しい会社の選び方!

プロ投資家は、投資先の企業をどのように選んでいるのだろうか。投資ファンドで企業評価や投資業務に携わっていた著者は、億単位の資産を運用する個人投資家でもある。プロ投資家の会社選びは意外にシンプルで、「数字」「市場」「シナリオ」の3つで企業の将来を読むのである。本書ではI部でこのシンプルな基本3ポイントを解説し、II部では、具体的にこの3ポイントから有名企業10社を評価する。

人口減少の大転換期を迎える日本は投資チャンス拡大!株価2万円超の高値更新中のいま、ぜひ読んでおきたい企業を選別するプロ投資家のとっておきのスキル!
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • プロ投資家の「株を買いたくなる会社」の選び方 ―なぜトヨタは「買い」ではないのか
  • プロ投資家の「株を買いたくなる会社」の選び方 ―なぜトヨタは「買い」ではないのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中