ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 生き物を殺して食べる
  • 生き物を殺して食べる

  • 生き物を殺して食べる
  • 生き物を殺して食べる

生き物を殺して食べる

  • ルイーズ・グレイ/著 宮崎真紀/訳 グレイ,ルイーズ(Gray,Louise)
    スコットランド出身。英国通信社PAを経て、「デイリー・テレグラフ」紙で環境問題担当記者を5年間務め、国連の気候変動会議を取材したり、パラグアイで遺伝子操作作物問題をスクープするなどした。2013年にフリーのジャーナリストとなり、BBC、「ガーディアン」紙、「サンデー・タイムズ」紙などに活躍の場を広げている。環境問題に精通し、討論会や講演会にも多数参加

  • シリーズ名
    亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 3-3
  • ISBN
    978-4-7505-1533-5
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 仕留めた獲物に感謝し、肉と繋がり、自然と繋がり、生命を繋ぐ。かつて当たり前だった食生活とその哲学はどこに消えたのか?ある女性環境ジャーナリストが、自ら撃ち、釣り、屠り、味わった2年間の驚くべき“肉食”体験記。
目次
真珠―貝および甲殻類
初心者マクナブ選手―ブラウントラウト、モリバト、ノロジカ
ミニオンズ―養豚場と初めての屠畜場
ヘンリー―羊飼い体験と羊のハンティング
反抗期のティーンエイジャー―子牛屠畜場の変革と現実
大人たち―英国マクドナルドと自閉症の天才動物行動学者
豚たち―ガラス張りの工場式農場とわたしたちの屠畜祭
イシュマエル―イスラム教徒用のハラル屠畜
コリン―工場式養鶏と平飼いの鶏
狩猟鳥類―食べるためのキジ猟〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:THE ETHICAL CARNIVORE
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中