ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 内側から見る創価学会と公明党

  • 内側から見る創価学会と公明党

内側から見る創価学会と公明党

  • 浅山太一/〔著〕 浅山 太一
    1983年生まれ。創価大学大学院文学研究科社会学専攻博士前期課程修了。書店員を経て、現在は出版社に勤務しながら、創価学会をめぐる社会学を研究している。戦後の日本社会と創価学会について論じたエッセイ「創価学会と会社」は、公開1ヶ月で6万ビューを突破した

  • シリーズ名
    ディスカヴァー携書 188
  • ページ数
    275p
  • ISBN
    978-4-7993-2201-7
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 社会学の新鋭にして創価学会員の著者が、緻密な資料分析をもとに解き明かす!
目次
第1章 創価学会と会社―戦後日本の都市に現れた「2つのムラ」(日本の高度成長は創価学会の功徳のおかげだった?
都市に生まれた「新しい村」 ほか)
第2章 隠語化とサブリミナル池田先生効果―創価学会サブカル漫画からみる公明党支援の語られ方(公明党支援の理由は会員ごとに様々
マンガから探る公明党支援の意味 ほか)
第3章 信仰の、信仰による、信仰のための政治―戸田城聖の時代(創価学会は政治参加をどう意義づけたのか?
「国立戒壇論」と戸田の政治的発言の「ヤバさ」 ほか)
第4章 組織中心主義の台頭―池田大作の時代(創価学会の政治参加は「政教分離」=脱宗教化の方向に進んでいるのか?
創価学会と公明党は一体不二 ほか)
第5章 創価学会は成仏しました―ポスト池田時代の公明党支援の論理(「創価学会の知的支柱」としての松岡幹夫
存在論的平和主義とは何か ほか)

商品詳細情報

サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 内側から見る創価学会と公明党
  • 内側から見る創価学会と公明党

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中