ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 刑事手続におけるプライバシー保護 熟議による適正手続の実現を目指して

  • 刑事手続におけるプライバシー保護 熟議による適正手続の実現を目指して

刑事手続におけるプライバシー保護 熟議による適正手続の実現を目指して

  • 稻谷龍彦/著 稻谷 龍彦
    京都大学大学院法学研究科准教授。広島県福山市生まれ。平成17年東京大学文学部卒。平成20年京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了(法務博士)。同年京都大学大学院法学研究科助教。平成23年京都大学大学院法学研究科准教授。平成25年パリ政治学院法科大学院客員研究員。平成26年シカゴ大学政治学部客員研究員

  • ISBN
    978-4-335-35688-9
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,400 (税込:5,940

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • GPS最高裁大法廷判決への分析を盛り込むエキサイティングかつ先鋭的な論文集!GPS最高裁大法廷判決(平29年3月15日)に影響を及ぼしたとされる注目の助教論文を、上記大法廷判決を受けて大幅改稿し、深く言及した必読の論文集!現在の刑訴法解釈論の基礎をなす憲法論・刑事政策論を根源に遡って再考し、刑訴法解釈論に根本的変革を促す挑戦的論攷!
目次
第1章 問題提起―わが国における判例・学説の現状と問題(判例の現状と問題
学説の現状と問題
小括)
第2章 アメリカ合衆国憲法第四修正解釈論の現在(出発点―Warren Courtによる刑事手続法の革命
従来の通説―裁判所の憲法解釈を通じた捜査機関統制の重視)
第3章 憲法解釈手法論の検討と第四修正解釈への応用(「制度論的転回」の概要―Cass R.Sunstein&Adrian Vermuele
司法最小主義Judicial Minimalism
司法最小主義的第四修正解釈とその射程・限界)
第4章 日本刑事手続法におけるプライバシー保護のあり方(アメリカ合衆国における議論の応用可能性
日本刑事手続法解釈論)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

平成29年3月15日のGPS最高裁大法廷判決に大きな影響を与えた法学論叢(京都大學法学会・2011-2013年)に収められた京都大学大学院法学研究科、稻谷龍彦准教授の助教論文に、上記大法廷判決内容に深く踏み込み大幅改稿を行った重要な論文集です。
昨今、刑事弁護において特に大きな問題となっているプライバシー保護に関して、現在の刑訴法解釈論の基礎をなす憲法論・刑事政策論を根源に遡って再考し、刑訴法解釈論に根本的変革を促した挑戦的論攷です。

ページの先頭へ

閉じる

  • 刑事手続におけるプライバシー保護 熟議による適正手続の実現を目指して
  • 刑事手続におけるプライバシー保護 熟議による適正手続の実現を目指して

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中