ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高次脳機能障害 医療現場から社会をみる

  • 高次脳機能障害 医療現場から社会をみる

高次脳機能障害 医療現場から社会をみる

  • 山口研一郎/著 山口 研一郎
    1949年長崎県生まれ。長崎大学医学部卒業。脳神経外科、神経内科を専門とする医師。大学病院勤務などを経て、大阪府高槻市の「やまぐちクリニック」で高次脳機能障害の診療や認知リハビリに取り組む。「現代医療を考える会」代表

  • ページ数
    256,2p
  • ISBN
    978-4-00-022958-6
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「高次脳機能障害」とは何か。その原因や症状は?当事者の生活や社会復帰をめぐる実情は?長年、当事者に寄り添いながら治療や相談、リハビリに携わってきた著者が、現代社会の構造・矛盾の縮図とも言えるこの障害を適切に理解するための情報を、様々な角度から示すとともに、診療の現場から見えてくる命をめぐる諸問題を解く道筋を探る。
目次
第1章 高次脳機能障害とは何か(臨床の場で起こっていること
診断の難しさ ほか)
第2章 認められにくい高次脳機能障害(軽度外傷性脳損傷(MTBI)という概念
意識障害や画像所見に関する新たな知見 ほか)
第3章 高次脳機能障害を取り巻く社会(医療・福祉を取り巻く社会の動向
「二〇二五年問題」と高次脳機能障害 ほか)
終章 これからの医療・福祉を考える(「相模原事件」の衝撃
医療・医学はどこへ向かうのか)

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 高次脳機能障害 医療現場から社会をみる
  • 高次脳機能障害 医療現場から社会をみる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中