ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 化学者たちの京都学派 喜多源逸と日本の化学

  • 化学者たちの京都学派 喜多源逸と日本の化学

化学者たちの京都学派 喜多源逸と日本の化学

  • 古川安/著 古川 安
    科学史家。日本大学生物資源科学部教授。1948年静岡県生まれ。東京工業大学工学部合成化学科卒業、米国オクラホマ大学大学院博士課程修了、Ph.D。帝人株式会社、横浜商科大学商学部助教授、東京電機大学工学部助教授・同教授を経て現職。化学史学会会長(2011‐2016)。日本科学史学会欧文誌編集委員長(2003‐2007)、Chemical Heritage(米国・化学遺産財団誌)海外編集委員(1993‐2011)、国際科学史技術史科学哲学連合・現代化学史委員会役員(1999‐2015)、徳山科学技術振興財団理事(2017‐)。日本産業技術史学会賞(2001)、化学史学会学術賞(2004)、化学史学会論文賞(2013、2016)

  • ISBN
    978-4-8140-0122-4
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,960

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 異なる分野の学びから創造力が生まれる!喜多源逸から福井謙一・野依良治へと続く伝統。
目次
プロローグ 喜多源逸の姿を求めて―本書ができるまで
第1章 京都学派の形成―工業化学者・喜多源逸の挑戦
第2章 実験室から工場へ―戦時下の人造石油開発
第3章 繊維化学から高分子化学へ―桜田一郎のたどった道
第4章 燃料化学から量子化学へ―福井謙一が拓いた世界
エピローグ 有機合成化学の系譜―ラウエルから野依良治まで

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

【推薦】 檜山爲次郎 氏(中央大学研究開発機構教授・京都大学名誉教授)
京都大学工学部の化学系では、基礎の裏付けがあって独自の応用が拓けると考える喜多源逸の信念のもと、応用と基礎の間の双方向的な知的刺激によって創造性を高めてゆく独特の学問的雰囲気が育まれていった。
本著は喜多から福井謙一・野依良治へと連なる京都学派の生の化学者群像を活写する。
この知的刺激は、若い世代にとって必ずや科学技術創造の一助になるだろう。

ページの先頭へ

閉じる

  • 化学者たちの京都学派 喜多源逸と日本の化学
  • 化学者たちの京都学派 喜多源逸と日本の化学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中