ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鏡の国のアリス
  • 鏡の国のアリス
  • 鏡の国のアリス

  • 鏡の国のアリス
  • 鏡の国のアリス
  • 鏡の国のアリス

鏡の国のアリス

  • ルイス・キャロル/著 高山宏/訳 佐々木マキ/絵 高山 宏
    1947年岩手県生まれ。批評家。翻訳家。1974年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。大妻女子大学副学長・比較文化学部教授

    佐々木 マキ
    1946年神戸市生まれ。マンガ家・絵本作家・イラストレーター。1966年に「ガロ」でマンガ家デビュー。1973年、福音館書店より絵本『やっぱりおおかみ』を刊行

  • ISBN
    978-4-7505-1530-4
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 鏡の向こうに見えるのは、キュートでフシギな新世界。新訳・新挿絵で贈る、アリス・シリーズ完結編。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:THROUGH THE LOOKING-GLASS,AND WHAT ALICE FOUND THERE
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

鏡の向こうに見えるのは、キュートでフシギな新世界。

高山宏の新訳と佐々木マキの80点にものぼる描き下ろしイラスト(オール2色刷りり)で贈る、新訳・新挿絵版『鏡の国のアリス』

「鏡のお家へ通り抜けられたら、どんなにすてきだろうね!」
そう言いながらアリスは暖炉の上にあがっていたのですが、自分でもどうやってあがったのかわかりません。
そしてたしかに鏡が、銀色に輝くもやのようにとけてなくなりつつあるところでした。(本文より)

装丁・祖父江慎+鯉沼恵一(cozfish)

谷川俊太郎さん推薦!

鏡の国はコトバの国
アリスといっしょに
意味そっちのけでコトバたち
飛んだり跳ねたり踊ったり! ワオ!
(谷川俊太郎)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中