ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 陽だまり 他一篇

  • 陽だまり 他一篇

陽だまり 他一篇

  • 倉石清志/著 倉石 清志
    1975年福岡県生まれ。長崎純心大学大学院博士後期課程修了。博士(学術・文学)。専攻は哲学、文学

  • ページ数
    124p
  • ISBN
    978-4-905520-11-5
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

700 (税込:756

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 雑貨屋を営むヤナは、今日も陽だまりの中、“懐古”に浸る。ヤナとチェスをするために、ほぼ毎日彼女の店に通う友人ナタリア。毅然たる態度で苦難を乗り越えるヤナの娘アンフィサ。過去を解き放ち、未来へ歩もうとする陶芸家見習いの隣人ニコライ。古びた小さな雑貨屋の日常の物語。“一冊の古書を買った男”の帰り道での心の葛藤を描いた短編一人舞台『帰宅途中での後悔』を併収。
目次
陽だまり
帰宅途中での後悔

商品詳細情報

サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

雑貨屋を営むヤナは、今日も陽だまりの中、〈ノスタルジア(懐古)〉に浸る。
ヤナとチェスをするために、ほぼ毎日彼女の店に通う友人ナタリア。
毅然たる態度で苦難を乗り越えるヤナの娘アンフィサ。
過去を解き放ち、未来へ歩もうとする陶芸家見習いの隣人ニコライ。
古びた小さな雑貨屋の日常の物語。
〈一冊の古書を買った男〉の帰り道での心の葛藤を描いた
短編一人舞台『帰宅途中での後悔』を併収。

ページの先頭へ

閉じる

  • 陽だまり 他一篇
  • 陽だまり 他一篇

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中