ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 野党協力の深層 戦後共産党は、いかに大転換に至ったのか

  • 野党協力の深層 戦後共産党は、いかに大転換に至ったのか

野党協力の深層 戦後共産党は、いかに大転換に至ったのか

  • 平野貞夫/著 平野 貞夫
    1935年高知県出身。法政大学大学院社会科学研究科政治学専攻修士課程修了後、衆議院事務局に入局。園田直衆議院副議長秘書、前尾繁三郎衆議院議長秘書、委員部長等を歴任。ロッキード事件後の政治倫理制度や、政治改革の実現をめぐって、当時衆議院議院運営委員長だった小沢一郎氏を補佐し、政策立案や国会運営の面から支える。92年衆議院事務局を退職し、参議院議員に当選。以降、自民党、新生党、新進党、自由党、民主党と、小沢氏と行動をともにし、「小沢の知恵袋」「懐刀」と称せられる。自社55年体制より、共産党も含めた各党に太いパイプを持ち、政界の表も裏も知り尽くす存在で、宮沢喜一元首相からは「永田町のなまず」と呼ばれる。土佐南学会代表、日本一新の会代表

  • シリーズ名
    詩想社新書 15
  • ページ数
    251p
  • ISBN
    978-4-908170-11-9
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

920 (税込:994

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「野党共闘」はこれからどうなる!?小沢一郎の懐刀にして、共産党とも太いパイプを持つ著者が、「日本改革」と政権交代への構想について小沢一郎と対談。また、これまで明かさなかった共産党との国会秘話によって戦後・共産党の大転換に至る過程を解き明かし、野党協力の可能性、政権交代への道を探る。
目次
第1部 自由党の再起動と政権交代への戦略(選挙協力と国民連合政府樹立への動き
小沢一郎の日本改革の原点)
第2部 いかに共産党は大転換に至ったのか(議会政治に参加すべく苦労した戦後初期の共産党
昭和天皇崩御、消費税、リクルート事件と共産党
細川非自民連立政権と対立する共産党
共産党との共闘が始まる
国民連合政府の実現へ)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 野党協力の深層 戦後共産党は、いかに大転換に至ったのか
  • 野党協力の深層 戦後共産党は、いかに大転換に至ったのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中