ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦争と放送

  • 戦争と放送

戦争と放送

  • 竹山昭子/著 竹山 昭子
    1928年東京都に生まれる。1951年日本女子大学文学部社会福祉学科卒業。東京放送(TBS)勤務の後、教職に就く。元昭和女子大学教授。その間、社会心理研究所(南博主宰)のメンバーとして研究活動を行う

  • シリーズ名
    読みなおす日本史
  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-642-06757-7
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ラジオ放送は一九二五年、開始と同時に政府の統制下に置かれ、国策通信社が配信する情報をそのまま放送した。原爆などの不都合な情報を秘され、政府の指導に従う国民。戦時期の情報操作に果たした放送の役割を解明。
目次
序(政府の放送政策
日本放送協会の対応 ほか)
1章 戦争プロパガンダの実相(モデルはナチス・ドイツ
ラジオ講演のキー・シンボル ほか)
2章 放送への国民の反応(聴取者はどういう声を寄せたか
称賛の声とその番組内容 ほか)
3章 「マル秘敵性情報」にみる原爆投下(原爆投下第一報
外国放送傍受機関 ほか)
4章 戦争の終結と放送(玉音放送
終戦関連ニュース ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

ラジオ放送は1925年、開始と同時に政府の統制下に置かれ、国策通信社が配信する情報をそのまま放送した。
原爆などの不都合な情報を秘され、政府の指導に従う国民。
戦時期の情報操作に果たした放送の役割を解明。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦争と放送
  • 戦争と放送

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中