ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書 改版

  • ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書 改版

ポイント倍率

ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書 改版

  • 石光真人/編著 石光 真人
    1904年(明治37年)、東京に生まれる。早稲田大学文学部哲学科卒業。1932年、東京日日新聞社(毎日新聞社の前身)に入社。その後、日本新聞会、日本新聞連盟、日本新聞協会勤務を経て、日本ABC協会事務局長、同協会専務理事を務めた。編集にあたった『城下の人』『曠野の花』『望郷の歌』『誰のために』(石光真清著、「石光真清の手記」4部作)は毎日出版文化賞を受賞した。1975年8月逝去

  • シリーズ名
    中公新書 252
  • ISBN
    978-4-12-180252-1
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

700 (税込:756

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治維新に際し、朝敵の汚名を着せられた会津藩は、降伏後いかなる運命をたどったか。維新の裏面史を赤裸に描く回顧録。
    (「近刊情報」より)
目次
第1部 柴五郎の遺書(血涙の辞
故郷の山河
悲劇の発端
憤激の城下
散華の布陣 ほか)
第2部 柴五郎翁とその時代(遺書との出会い
流涕の回顧
翁の中国観
会津人の気質
痛恨の永眠)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
版数 改版
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

明治維新に際し、朝敵の汚名を着せられた会津藩。降伏後、藩士は下北半島の辺地に移封され、寒さと飢えの生活を強いられた。明治三十三年の義和団事件で、その沈着な行動により世界の賞讃を得た柴五郎は、会津藩士の子であり、会津落城に自刃した祖母、母、姉妹を偲びながら、維新の裏面史ともいうべき苦難の少年時代の思い出を遺した。『城下の人』で知られる編著者が、その記録を整理編集し、人とその時代を概観する。

ページの先頭へ

閉じる

  • ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書 改版
  • ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書 改版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中