ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 幻の惑星ヴァルカン アインシュタインはいかにして惑星を破壊したのか
  • 幻の惑星ヴァルカン アインシュタインはいかにして惑星を破壊したのか

  • 幻の惑星ヴァルカン アインシュタインはいかにして惑星を破壊したのか
  • 幻の惑星ヴァルカン アインシュタインはいかにして惑星を破壊したのか

幻の惑星ヴァルカン アインシュタインはいかにして惑星を破壊したのか

  • トマス・レヴェンソン/著 小林由香利/訳 レヴェンソン,トマス(Levenson,Thomas)
    マサチューセッツ工科大学(MIT)教授(サイエンス・ライティング)。著書多数。テレビプロデューサーとしてPBS、BBCなどの長編科学ドキュメンタリー番組を数多く手がけ、米国科学アカデミー(NAS)コミュニケーション賞、ピーボディ賞(放送界のピュリッツァー賞とも呼ばれる)、AAASウエスティングハウス科学ジャーナリズム賞などを受賞。ハーバード大学で東アジア研究を専攻した

    小林 由香利
    翻訳家。東京外国語大学英米語学科卒業

  • ISBN
    978-4-7505-1528-1
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人々の欲望が生み出し、そして消し去られた惑星があった。ニュートン理論に基づいて考えれば、ここには未発見の惑星があるに違いない―まだ見ぬ惑星を探し求める人々、そしてアインシュタイン。未知の惑星探査を通じて、科学の進歩とパラダイムシフトを描く、ロマンあふれるサイエンス・ノンフィクション!
目次
1 ニュートンから海王星まで(一六八二年~一八四六年)(「世界の動かざる秩序」
「幸せな考え」
「そんな星は星図にない」 ほか)
2 海王星からヴァルカンまで(一八四六年~一八七八年)(三十八秒
引っ掛かる質量
「探索は満足のゆく結果に終わるはずだ」 ほか)
3 ヴァルカンからアインシュタインまで(一九〇五年~一九一五年)(「私の人生で最も幸せな考え」
「頼む、助けてくれ。このままでは頭がおかしくなってしまう」
「喜びに我を忘れて」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

人々の欲望が生み出し、そして消し去られた惑星があった。

時は19世紀末、天文学者たちは水星の軌道に生じる奇妙な”ずれ”に悩まされていた。ニュートン力学に則って考えると、どうしてもこのずれの説明がつかない。当代きっての天才科学者・ルヴェリエは、太陽と水星の間には我々がまだ見つけられていない惑星「ヴァルカン」が存在し、それこそがずれを引き起こしていると考えた。ヴァルカンをつかまえろ! プロ・アマ問わず、世界中の天文学者が望遠鏡を空に向け、発見の報告が相次いだ。

……問題はただ一つ。
ヴァルカンは存在しなかったのである。

幻の惑星と若き物理学者・アインシュタインによってもたらされた相対性理論の知られざる関係、そして未知の惑星探査を通じて科学の進歩とパラダイムシフトを描く。ロマンあふれるサイエンス・ノンフィクション。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中