ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • みなかみイノベーション 群馬県みなかみ町に見る農泊を核とした観光まちづくり

  • みなかみイノベーション 群馬県みなかみ町に見る農泊を核とした観光まちづくり

ポイント倍率

みなかみイノベーション 群馬県みなかみ町に見る農泊を核とした観光まちづくり

  • 鈴木誠二/著 鈴木 誠二
    法政大学地域研究センター客員研究員。東京成徳大学経営学部教員。学歴:グロービス経営大学院大学経営研究科修士課程修了。法政大学大学院政策創造研究科博士後期課程満了。略歴:大学卒業後、業界の変革期に直面したリーディングカンパニーや、産業進出するベンチャー企業等で、様々な事業を開発した経歴を持つ

  • ISBN
    978-4-86667-009-6
  • 発売日
    2017年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 農水省が取り上げた“先進地域の取組”をロールモデルとして紹介!
目次
第1章 農泊に台湾の子供たちが感動!(「特別なことは何もしていないのに」
推進する中核組織「みなかみ町体験旅行」
収益性以上に「働く生き甲斐」を重視
「みなかみ町」の取り組みへの視点)
第2章 バックステージで起きていたこと(群馬県最北部、利根川源流域の町
「みなかみ町」のグランドデザインとは
住民と地元企業の連携による取り組み
「体験旅行」がみなかみ町を変えた!)
第3章 住民の暮らしを見つめ直す視点(衰退・縮小する「地方」
自動車生活を地域で支える
地域生活の楽しみを育む!
思い込みをうちやぶられる)
第4章 「幸福」になるイノベーション(中山間地域住民の主観的幸福感
仕事はつくれば良い、収入はついてくる
行政と連携できる「地域創生」へ
ロールモデルとしてのみなかみ町)
第5章 「地域イノベーション」を考える(岡本義行教授と語る)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • みなかみイノベーション 群馬県みなかみ町に見る農泊を核とした観光まちづくり
  • みなかみイノベーション 群馬県みなかみ町に見る農泊を核とした観光まちづくり

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中