ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自閉スペクトラム症を抱える子どもたち 受身性研究と心理療法が拓く新たな理解

  • 自閉スペクトラム症を抱える子どもたち 受身性研究と心理療法が拓く新たな理解

自閉スペクトラム症を抱える子どもたち 受身性研究と心理療法が拓く新たな理解

  • 松本拓真/著 松本 拓真
    1982年神奈川県生まれ。2004年大阪大学人間科学部卒業。2013年大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(人間科学)。児童相談所・クリニック・知的障害児通園施設・教育委員会などで多くの発達障害を抱える子どもの発達相談・心理療法に従事。NPO法人子どもの心理療法支援会にて専門的な訓練を受け、2014年に「子どもの精神分析的心理療法士」資格を取得。現在、岐阜大学教育学部助教、NPO法人子どもの心理療法支援会研修部門統括理事

  • ISBN
    978-4-7724-1586-6
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自閉スペクトラム症を抱える子どもと青年、およびその家族は何を体験しているのか? 自閉スペクトラム症のイメージは「マイペース」「空気が読めない」などと言われるが、実際はそうではない。本書では、自閉スペクトラム症の特徴を解説するのではなく、著者が心理療法を通して聞いた、その人たちが何を感じ、何を思っているのか、という心の声を描き出していく。
目次
第1部 自閉スペクトラム症の受身性の研究から(なぜ自閉スペクトラム症の受身性に注目するのか?
受身性が発達していく過程:ある家族の物語から
「うちの子に受身性など関係ない」といえるのか?
受身性の3水準モデルと「自分」の生まれ方)
第2部 自閉スペクトラム症を抱える人に心理療法ができること(健全なコミュニケーションと自分と他者のバランス:精神分析的心理療法の考えから
身体がまとまりを得ることとその利点:赤ちゃんの観察から
子どもの心理療法はどう始まって、どう進むの?
子どもの意志に居場所を与える:Aとの心理療法1年目
出てきた意志を消さないために:Aとの心理療法の小学校卒業まで ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 自閉スペクトラム症を抱える子どもたち 受身性研究と心理療法が拓く新たな理解
  • 自閉スペクトラム症を抱える子どもたち 受身性研究と心理療法が拓く新たな理解

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中