ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 軽井沢の歴史と文学
  • 軽井沢の歴史と文学

  • 軽井沢の歴史と文学
  • 軽井沢の歴史と文学

ポイント倍率

軽井沢の歴史と文学

  • 桐山秀樹/著 吉村祐美/著 桐山 秀樹
    1954年愛知県名古屋市生まれ。学習院大学法学部政治学科卒業。1978年に「正論」(産経新聞社)にて「私の正論大賞」受賞。2016年2月6日急死

    吉村 祐美
    兵庫県神戸市山の手生まれ。関西学院大学文学部日本文学科卒業、同大学院修士課程修了。著書に文芸評論、音楽、美術のエッセイ集『魅せられし時のために』(神戸新聞出版センター、関西文学賞・評論エッセイ部門入賞)など

  • ページ数
    295p
  • ISBN
    978-4-908493-17-1
  • 発売日
    2017年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 訪れる人の心を魅了する風景。芸術的な創造をうながす風土。
目次
プロローグ 軽井沢という聖地
1 軽井沢・避暑地の伝統と文化(人はなぜ、軽井沢に集まるのか
大正コスモポリタンの光と影
変わり行く避暑地とリゾート開発
「軽井沢」のロマンを守り続ける人々)
2 軽井沢を愛した作家たち(避暑地軽井沢の幕が開く
軽井沢を愛した作家たち
堀辰雄と軽井沢
夭折の詩人立原道造
福永武彦と軽井沢、信濃追分
池波正太郎―軽井沢の思い出
軽井沢ミステリーの舞台
軽井沢の文学館と美術館)
エピローグ 訪れる人の心を魅了する軽井沢の風景

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

プロローグ 軽井沢という聖地 桐山秀樹
1 軽井沢・避暑地の伝統と文化 桐山秀樹
第一章 人はなぜ、軽井沢に集まるのか
第二章 大正コスモポリタンの光と影
第三章 変わり行く避暑地とリゾート開発
第四章 「軽井沢」のロマンを守り続ける人々

2 軽井沢を愛した作家たち 吉村祐美
第一章 避暑地軽井沢の幕が開く
第二章 軽井沢を愛した作家たち
第三章 堀辰雄と軽井沢
第四章 夭折の詩人 立原道造
第五章 福永武彦と軽井沢、信濃追分
第六章 池波正太郎――軽井沢の思い出
第七章 軽井沢ミステリーの舞台
第八章 軽井沢の文学館と美術館

エピローグ 訪れる人の心を魅了する軽井沢の風景 吉村祐美

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中