ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ソロ

  • ソロ

ソロ

  • ラーナー・ダスグプタ/著 西田英恵/訳 ダスグプタ,ラーナー(Dasgupta,Rana)
    1971年、イギリス・カンタベリーでインド人の父と英国人の母のもとに生まれる。ケンブリッジで育ち、オックスフォード大学ベリオール・カレッジで仏文学を学ぶ。その後、フランス・エクサンプロヴァンスのダリウス・ミヨー音楽院でピアノを、アメリカ・ウィスコンシン大学マディソン校でコミュニケーション・アートを学ぶ。2001年よりインドのデリー在住。2005年、短篇集Tokyo Cancelled(『東京へ飛ばない夜』、ランダムハウス講談社)でデビュー

    西田 英恵
    1978年大阪生まれ。京都大学文学部卒業。東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了(文学修士)。専門は英米文学

  • シリーズ名
    エクス・リブリス
  • ISBN
    978-4-560-09054-1
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,700 (税込:3,996

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 20世紀ブルガリアを生き抜いた100歳の盲目の老人の脳裏を去来する人生と夢。気鋭のインド系英国人作家による、世界18か国で翻訳された傑作長篇!2010年度英連邦作家賞受賞作。
目次
〈英連邦作家賞〉受賞作
第一楽章「人生」 21世紀初め、ブルガリアの首都ソフィアのうらぶれたアパートの一室に暮らす100歳近い盲目の老人ウルリッヒ。貧しく、身寄りもない彼は、記憶を探り、ほぼ1世紀にわたる自らの人生を辿り直して日々を過ごしている。
第二楽章「白昼夢」ブルガリアの地方の町に生まれた少年ボリス。幼くして両親を失うが、音楽の才能に恵まれ、天才的なジプシーの音楽家からヴァイオリンを習う。ある日、ひょんなことからニューヨークのやり手の音楽プロデューサーに見出される。
グルジアの首都トビリシで生まれた姉弟、ハトゥナとイラクリ。共産主義が崩壊し、家族は没落の一途を辿るが、二人はアメリカに渡り、力を合わせて生きていく。
「第一部が記憶を繋ぎ止めようとしているとすれば、第二部は逆に、記憶がすべてではないと言っているかのようだ。(中略)この『ソロ』という作品は、ひとりの老人が自らの人生と折り合いをつけるための壮大な試みだったのである。」(「訳者あとがき」より)
「並外れた、驚くべき摩訶不思議な小説」とサルマン・ラシュディが絶賛した本書は、2010年度英連邦作家賞を受賞した。気鋭のインド系英国人作家による、18か国で翻訳された傑作長篇!

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:SOLO
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

共産主義体制とその崩壊を目撃し、激動の20世紀を生き抜いた100歳の男の人生と夢。気鋭のインド系英国人作家による傑作長篇!
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ソロ
  • ソロ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中