ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

  • 問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

  • 読書猿/著 読書猿
    正体不明、博覧強記の読書家。メルマガやブログなどで、ギリシャ哲学から集合論、現代文学からアマチュア科学者教則本、日の当たらない古典から目も当てられない新刊まで紹介している

  • ページ数
    412p
  • ISBN
    978-4-89451-780-6
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 哲学歴史経済学人類学数学物理学生物学文学…知の巨人の肩の上で問題を解く。

    学生から学者、作家、ビジネスマンまで絶賛!
    ロングセラー『アイデア大全』の著者による待望の2作目。


    未来を作る知恵と方法の道具箱
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    目標達成/工程の最適化/複数意見の集約/不安の解消/迷いのない決断/脱・三日坊主/悪癖を直す/家族問題の解決…
    本書ではビジネスはもちろん、日常の問題や個人的な悩みまで、ありとあらゆる困難に突破口を開き、
    自身の自由の範囲を拡張するための手法が、次の2つの分野に分けて紹介されている。

    【リニアな問題解決】
    直線的な因果性を基礎に置く問題解決法。
    因果関係を直線的に遡り、たどり着いた究極原因を除去・変化させることで、結果を変え、問題を解決する。

    【サーキュラーな問題解決】
    鶏と卵の関係のように、原因と結果の関係がループしている場合に用いる問題解決法。
    究極原因の除去・変化ではなく、問題へ対する認知を変えることで、悪循環に変化をもたらし、間接的に問題を変える。

    いずれも単独で用いることも、それぞれを互いに埋め込んで新たな問題解決法として運用することもできる。
    つまり〈方法を生み出す方法〉も詰め込めこまれた本書は、まさに問題解決法の道具箱である。
目次
第1部 リニアな問題解決(問題の認知
解決案の探求
解決策の実行
結果の吟味)
第2部 サーキュラーな問題解決

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

解説する技法一覧
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本書では問題解決や創造性研究に関わる心理学研究やビジネスの実践はもとより、
哲学、宗教、神話、歴史、経済学、人類学、数学、物理学、生物学、看護学、計算機科学、品質管理、文学
などに由来する37の技法をまとめている。

01 100 年ルール/02 ニーバーの仕分け/03 ノミナル・グループ・プロセス/04 キャメロット/05 佐藤の問題構造図式/
06 ティンバーゲンの4 つの問い/07 ロジック・ツリー/08 特性要因図/09 文献調査/10 力まかせ探索/
11 フェルミ推定/12 マインドマップ(R)/13 ブレインライティング/14 コンセプトマップ/15 K J 法/
16 お山の大将/17 フランクリンの功罪表/18 機会費用/19 ケプナー・トリゴーの決定分析/20 ぐずぐず主義克服シート/
21 過程決定計画図/22 オデュッセウスの鎖/23 行動デザインシート/24 セルフモニタリング/25 問題解決のタイムライン/
26 フロイドの解き直し/27 ミラクル・クエスチョン/28 推論の梯子/29 リフレーミング/30 問題への相談/
31 現状分析ツリー/32 因果ループ図/33 スケーリング・クエスチョン/34 エスノグラフィー/35 二重傾聴/
36 ピレネーの地図/37 症状処方


問題解決の技術はノウハウ以上のものである。
むしろ既存のノウハウでは歯が立たない状況でこそ、問題解決は要請されるといえる。
それまで取り組まれたことのない新しい問題や、旧知ではあるが有効な手立てが見つかっていない
難問に対して、既存の解決策がないからこそ、これまでにない解決策を発見し実現する
問題解決の技術が必要となる。――著者「まえがき」より

ページの先頭へ

閉じる

  • 問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール
  • 問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中