ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか

  • 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか

ポイント倍率

不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか

  • 鴻上尚史/著 鴻上 尚史
    作家・演出家。1958年愛媛県生まれ。早稲田大学在学中の81年に劇団「第三舞台」を結成。87年「朝日のような夕日をつれて’87」で紀伊國屋演劇賞団体賞、95年「スナフキンの手紙」で岸田國士戯曲賞受賞。97年に渡英し、俳優教育法を学ぶ。10年に戯曲集「グローブ・ジャングル」で第61回読売文学賞戯曲・シナリオ賞受賞。舞台公演のかたわら、エッセイや演劇関連の著書も多く、ラジオ・パーソナリティ、テレビ番組の司会、映画監督など幅広く活動。日本劇作家協会会長

  • シリーズ名
    講談社現代新書 2451
  • ISBN
    978-4-06-288451-8
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

880 (税込:950

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「死んで来い」という上官の命令を無視し、戦果をあげて9回生還した特攻兵がいた。なぜ彼は、命の尊厳を守り抜くことができたのか。

    太平洋戦争の末期に実施された”特別攻撃隊”。戦死を前提とする攻撃によって、若者たちが命を落としていった。
    だが、陸軍第一回の特攻から計9回の出撃をし、9回生還した特攻兵がいた。その特攻兵、佐々木友次氏は、戦後の日本を生き抜き2016年2月に亡くなった。
    鴻上尚史氏が生前の佐々木氏本人へインタビュー。
    飛行機がただ好きだった男が、なぜ、軍では絶対である上官の命令に背き、命の尊厳を守りぬけたのか。

    我々も同じ状況になったとき、佐々木氏と同じことができるだろうか。
    戦後72年。実は本質的には日本社会は変わっていないのではないか。
    本当に特攻は志願だったのか、そして、なぜあんなにも賛美されたのか。
    命を消費する日本型組織から、一人の人間として抜け出す強さの源に迫る。
目次
第1章 帰ってきた特攻兵
振武寮という地獄/第一回の特攻隊/札幌の病院で

第2章 戦争のリアル
艦船を沈める難しさ/万朶隊の結成/「臆病者」/無能なリーダー

第3章 2015年のインタビュー
死なない強さ/生き残った者として/佐々木さんを支えたもの

第4章 特攻の実像
守られたエリート/精神主義の末路/日本人の性質と特攻  他

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか
  • 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中