ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なずずこのっぺ?

  • なずずこのっぺ?

ポイント倍率

なずずこのっぺ?

  • カーソン・エリス/さく アーサー・ビナード/やく エリス,カーソン(Ellis,Carson)
    1975年、カナダのブリティッシュコロンビア州に生まれ、アメリカのニューヨーク州に育つ。モンタナ州の大学で絵画を学び、卒業後、バーテンダーのアルバイトをしながらロックバンドのポスターやCDカバーのためのイラストを手がけ、注目される。児童文学作品の挿絵を多く担当。初めての創作絵本『わたしのいえ』(偕成社)が世界で広く読まれる。現在、オレゴン州の農場でふたりの息子と夫と暮らしている。『なずず このっぺ?』の原作「Du Iz Tak?」は2017年にコルデコット賞オナーブックに選ばれた

    ビナード,アーサー(Binard,Arthur)
    1967年、アメリカのミシガン州に生まれる。ニューヨーク州の大学で英米文学を学び、卒業と同時に日本へわたり、日本語での詩作と翻訳を始める。第一詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞、『さがしています』(童心社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。絵本の和訳を多く手がける

  • ページ数
    〔48p〕
  • ISBN
    978-4-577-04585-5
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「なずず このっぺ?」といちばんベーシックな昆虫語の問いかけからストーリーは始まります。
    虫たちのおしゃべり昆虫語のえほん。2017年コルデコット賞オナーブック。

    ひとつの花の芽を巡る昆虫たちの日常を、誰も聞いたこと、読んだことのない不思議なオリジナル言語「昆虫語」で綴ります。
    「なずず このっぺ?(なに これ?)」など、全て意味をもつことばになっています。

あわせて買いたい、よく一緒に購入されている商品

商品を選択してください

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 31cm
対象年齢 幼児
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

「この“なずずこのっぺ?”ってなに?」と、現在高3の娘。「虫語」わたしの返事。「ひらたく言うと何語?」(娘)「“これ、なぁに?”」「なんか、納得できるのが不思議だな」(娘)テーブルに置きっぱなしだったこの本の表紙を見た娘との会話です。カバーのそでには出版社からこんな文が載っていました。 「なにこれ?」人間はそんなクエスチョンから言葉を覚え始めます。 ……読み進むうちに、誰も自然と昆虫語をおぼえ、いつしか虫たちの日常会話が分かるようになります……。この本を手にしていただくと分かりますが、ほんとに『なずずこのっぺ?』に納得できるのが不思議です。本を読むときも、モノを作ったり・想像したりするときにも使う“感性”。この感性をフル回転させて読んでみてください。小さなお子さんほど、この物語の中の虫たちの言葉がすんなり言葉として受け入れられそうです。とわいえ、ほとんどが絵で表現されているので、虫たちの言葉はそれほど多くはありません。子どもたちに紹介したいので、虫語を練習して、春になったら練習して小さい子向けのお話会でやってみようかな(笑)(てんぐざるさん 50代・埼玉県 女の子22歳、女の子17歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • なずずこのっぺ?
  • なずずこのっぺ?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中