ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!

  • 無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!

無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!

  • 松井忠三/著 松井 忠三
    株式会社良品計画前会長、株式会社松井オフィス代表取締役社長。1949年、静岡県に生まれる。1973年に東京教育大学(現・筑波大学)卒業後、株式会社西友ストアー(現・西友)に入社。出向を経て1992年に株式会社良品計画に入社。初の減益となった直後の2001年に社長に就任し、わずか2年で会社をV字回復へと導いた。2008年に会長に就任。2010年に株式会社T&T(現・株式会社松井オフィス)を設立したのち、2015年に会長を退任

  • ページ数
    211p
  • ISBN
    978-4-620-32474-6
  • 発売日
    2017年11月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 良品計画元トップが語る実行100%の組織をつくる最強のサイクル。どん底からのV字回復、勝てる仕組みづくりと改善、風土改革まで…。そのときトップは手帳に何を刻んだのか?

    良品計画元トップが語る実行100%の組織をつくる最強のサイクル

    無印良品ブランドを掲げ、常勝経営を続ける、良品計画。
    かつてのどん底からのV字回復や、現在の常勝経営を支える仕組みづくりを支えたのは、PDCAサイクルでした。
    そしてそれを推進する強力なツールとなったのが、一冊の手帳です。
    本書では、良品計画の前会長が、四半世紀以上使い続けている手帳の紙面を紹介しながら、V字回復のための変革、仕組みづくり、風土改革など、さまざまな局面でのPDCAの回し方を解説します。
目次
●序章 アナログ手帳とPDCAの切れない関係
●1章 手帳は経営のための「思考基地」
●2章 変革のためのDCAP
●3章 勝ち続ける仕組みはCAがつくる
●4章 風土を変えるDDDD
●5章 スパイラル型のPDCAで成長を促進する

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

無印良品をV字回復させ、常勝経営を実現した名経営者の秘密は
手帳にあった!
スケジュールを書き込んでいくだけで、自然とPDCAが回り、
成果を出し続けられる仕組みをまとめて公開。

松井氏が導いた良品計画の「常勝経営」の手法は決して属人的なものではなく、ごくシンプルにPDCAサイクルを回すこと。そのツールとして欠かせないのが手帳である。結果を出し、自らの成長を促す手帳の使い方とは何かを、無印良品時代の経験を絡めてマネジメントと経営のための思考を、実際の手帳紙面を公開しながら1冊にまとめて紹介する。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!
  • 無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中