ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦国武将「お墓」でわかる意外な真実

  • 戦国武将「お墓」でわかる意外な真実

戦国武将「お墓」でわかる意外な真実

  • 楠戸義昭/著 楠戸 義昭
    1940年、和歌山県に生まれる。立教大学社会学部を卒業後、毎日新聞社に入社。学芸部編集委員を経て歴史作家に

  • シリーズ名
    PHP文庫 く9-4
  • ISBN
    978-4-569-76789-5
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

880 (税込:950

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦国武将の「お墓」を辿っていくと、事件の舞台裏、最期にまつわる異説、胸打つ秘話が見えてくる。名将たちの波瀾の生涯に思いを馳せつつ、人物の魅力と語られざる歴史に光をあてた一冊。豊富な写真と史跡ガイド付。
目次
織田信長―本能寺の変で何が起きたのか?実相を伝える墓の数々
明智光秀―最期にまつわる異説、出生の謎、そして天海説は…
豊臣秀吉―秀頼時代、徳川時代、そして明治へ…栄光と悲劇の死後
徳川家康―なぜあの地にお墓が…大坂の陣で討ち死にしたのか?
武田信玄―上洛帰路、甲府、諏訪湖…どこで死に、どこに眠るのか?
上杉謙信―越後、会津、米沢…転封の最中、謙信の墓やいかに
加藤清正―亡骸は熊本城か、配所先か?庄内で見つかった人骨は…
真田幸村―お墓も「日本一の兵」!?子孫の行方と生存伝説
山中鹿介―日本史に輝く忠臣、その志はいかに受け継がれたか
島左近―出身地はあの離島?関ケ原で死せず?謎多き軍師
井伊直弼・直政親子―悲劇のなかで培われた父子の絆
津軽為信―謀略と愛憎に生きた梟雄、その驚きの素顔
龍造寺隆信―討ち死に後、その首はなぜ、受け取りを拒否されたか?
木村重成―美しき青年武将は、いかに最期を迎え、いかに弔われたか?
高山右近と内藤如安―信仰に殉じ、異国に渡った一族の壮大なドラマとは?
特別史跡ガイド 名将たちの最期に思いを馳せて歩く

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

信長の墓はなぜ16基もあるのか? 光秀の墓はなぜ信長に次いで多いのか? 信玄の本当の墓はどこに? 墓から探った戦国武将の真実。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦国武将「お墓」でわかる意外な真実
  • 戦国武将「お墓」でわかる意外な真実

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中