ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 経済・社会と医師たちの交差 ペティ、ケネー、マルクス、エンゲルス、安藤昌益、後藤新平たち

  • 経済・社会と医師たちの交差 ペティ、ケネー、マルクス、エンゲルス、安藤昌益、後藤新平たち

経済・社会と医師たちの交差 ペティ、ケネー、マルクス、エンゲルス、安藤昌益、後藤新平たち

  • 日野秀逸/著 日野 秀逸
    医師、医学博士(大阪大学)、経済学博士(東北大学)。1945年宮城県石巻市に生まれ、1970年東北大学医学部卒業、代々木病院内科、大阪大学医学部助手、国立公衆衛生院衛生行政室長、都立大学人文学部社会福祉専攻教授を経て、1997年より東北大学大学院経済学研究科教授、研究科長・学部長(2005~2008年)。2011年~東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センタ代表世話人。2015年4月~地域医療・福祉研究所理事長

  • ページ数
    175p
  • ISBN
    978-4-7807-1653-5
  • 発売日
    2017年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書では、マルクスとエンゲルスの健康観や疫病観を論じている。彼らは、青年時代から、動物一般と区別される「人間らしさ」とは何か、という問いを提起し、深く考察しつづけた。そこでは、類的本質を拘束された生命、さらにいえば、人間の普遍的あり方を阻まれた生命が病気なのであり、人間の普遍的あり方の中心には、自然の変革、社会の変革、自己自身の変革(発達)という変革があることを確認している。(「序に代えて」より)
目次
序に代えて―医師・医学と経済・社会
1部 マルクス・エンゲルスと医師・医学(マルクス・エンゲルス全集に登場する271人の医師たち
マルクス・エンゲルスと親族や友人の医師たち
マルクスたちは自然科学に強い関心を払った
医師と科学研究
経済学研究の先行者としての医師たち ほか)
2部 日本における先駆者たち―安藤昌益と後藤新平(安藤昌益(1703~1762)
後藤新平(1857~1929))

商品詳細情報

サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 経済・社会と医師たちの交差 ペティ、ケネー、マルクス、エンゲルス、安藤昌益、後藤新平たち
  • 経済・社会と医師たちの交差 ペティ、ケネー、マルクス、エンゲルス、安藤昌益、後藤新平たち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中