ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高齢者の服薬支援 総合力を活かす新知識と実践
  • 高齢者の服薬支援 総合力を活かす新知識と実践

  • 高齢者の服薬支援 総合力を活かす新知識と実践
  • 高齢者の服薬支援 総合力を活かす新知識と実践

高齢者の服薬支援 総合力を活かす新知識と実践

  • 秋下雅弘/編 倉田なおみ/編 秋下 雅弘
    東京大学大学院医学系研究科教授(老年病学)。1985年東京大学医学部卒業。同老年病学教室助手、スタンフォード大学研究員、ハーバード大学研究員、杏林大学医学部助教授、東京大学大学院医学系研究科准教授などを経て、現職。日本老年薬学会代表理事、日本老年医学会副理事長。「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」(日本老年医学会編)ガイドラン作成グループ代表。高齢者への適切な薬物使用について研究し、学会・講演会・新聞・雑誌などで注意を喚起している

    倉田 なおみ
    昭和大学薬学部社会健康薬学講座地域医療薬学部門教授。昭和大学薬学部卒業後、昭和大学病院薬剤部入部。同大学藤が丘リハビリテーション病院薬局長、同大学薬学部薬学教育推進センター実務実習推進室助教授、同大学薬学部薬剤学教室准教授などを経て、現職。日本老年薬学会理事、日本静脈経腸栄養学会理事・薬剤師部会長、PDN理事、簡易懸濁法研究会代表。運動障害、嚥下障害を有する患者への安全確実な薬の投与法を研究、開発し、全国普及に尽力している

  • ページ数
    215p
  • ISBN
    978-4-06-156318-6
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 高齢者の特性から疾患別薬物療法、在宅医療での実際、多職種連携のポイントなどを幅広くわかりやすく解説。栄養サポート、嚥下障害、口腔ケア、サルコペニア・フレイル予防、緩和ケアなど、チーム医療に必要な基礎知識を、実例・症例とともに紹介。
目次
第1章 高齢者の特性
第2章 高齢者の薬物療法と服薬支援のポイント
第3章 高齢者の“疾患別”薬物療法
第4章 在宅療養者に対する服薬支援
第5章 高齢者の生活の質を高めるためのチームの取り組み
第6章 医師やさまざまな医療職・介護職との連携

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

高齢者の特性から、疾患別薬物療法と支援のポイント、在宅医療、栄養サポート、嚥下障害、サルコペニア予防など、高齢者を取り巻くさまざまな視点を実例を盛り込みながら、紹介。
多職種連携の視点を軸に、よりよい服薬支援のあり方が学べる一冊。
薬学生・薬剤師のほか、高齢者医療に取り組む医療職・介護職向け。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中