ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛
  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛
  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛
  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛
  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛
  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛

  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛
  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛
  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛
  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛
  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛
  • 心がつながるのが怖い 愛と自己防衛

心がつながるのが怖い 愛と自己防衛

  • イルセ・サン/〔著〕 枇谷玲子/訳 サン,イルセ(Sand,Ilse)
    心理療法士。デンマークのオーフス大学で神学を学び、C・G・ユングとキルケゴールに関する修士論文を執筆。また、いくつかの心理療法的アプローチの訓練を受けており、デンマークの心理療法協会の会員でもある。数年間、デンマーク国教会の教区司祭を務め、現在はスーパーバイザー、トレーナー、講演者、セラピストとして活動している

    枇谷 玲子
    1980年、富山県生まれ。2003年、デンマーク教育大学児童文学センターに留学(学位未取得)。2005年、大阪外国語大学卒業。北欧の書籍の翻訳紹介に注力している

  • ISBN
    978-4-7993-2171-3
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,540

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 前著『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』がベストセラーとなったデンマークの心理セラピスト、イルセ・サンの第二弾

    心の奥底では愛情に満ちた関係を築きたいのに、
    相手から遠ざかるような言動をとる人がいます。

    関係が壊れて傷つくことを恐れるあまり、
    最初から関係が深まらないようにしてしまうのです。

    著者はそれを「自己防衛の戦略」と呼びます。
    幼い頃に、親から十分に愛情を受けなかったことが原因で自己防衛の戦略は生まれます。
    自分の感情と距離を置き、他者と距離を置くのが自己防衛の目的です。

    大人になって心が強くなり、
    もう自己防衛は不要になっているのに自動的に戦略が作動し、
    自分の感情を感じず、他者と離れようとしてしまうのです。

    著者は自己防衛の戦略について、豊富な事例とともに丁寧に解説します。
    そして、自分の本当の感情に気づき、自分を受け入れ、他者を受け入れても大丈夫だと
    読者に語りかけていきます。

    人間関係に悩む人にとって、心が軽くなる一冊になるはずです。
目次
第1章 自己防衛の戦略とはどのようなものか
第2章 自己防衛の戦略を無意識にとるとき、問題が起こる
第3章 喪失の悲しみを恐れて愛に満ちた関係を避ける人たち
第4章 愛情に満ちた人生への扉を閉ざしてしまう不幸なパターン
第5章 親を理想化することの危険
第6章 感情を完全に意識する
第7章 不適切な自己防衛の戦略をとり除く
第8章 本来の自分に戻る

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中