ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • SHOE DOG(シュードッグ)
  • SHOE DOG(シュードッグ)
  • SHOE DOG(シュードッグ)
  • SHOE DOG(シュードッグ)

拡大

  • SHOE DOG(シュードッグ)
  • SHOE DOG(シュードッグ)
  • SHOE DOG(シュードッグ)
  • SHOE DOG(シュードッグ)

ポイント倍率

SHOE DOG(シュードッグ)

  • フィル・ナイト/著 大田黒奉之/訳 ナイト,フィル(Knight,Phil)
    世界最高のスポーツ用品メーカー、ナイキの創業者。1938年生まれ。オレゴン州ポートランド出身。オレゴン大学卒業。大学時代は陸上チームに所属。中距離ランナーとして、伝説のコーチ、ビル・バウワーマンの指導を受ける(バウワーマンは後にナイキの共同創業者となる)。1年間のアメリカ陸軍勤務を経て、スタンフォード大学大学院に進学。MBA(経営学修士号)取得。1962年、オレゴンの「ブルーリボン・スポーツ」社の代表として日本のシューズ・メーカーであるオニツカを訪れ、同社の靴をアメリカで売るビジネスを始める

    大田黒 奉之
    京都大学法学部卒。洋楽好きが高じ、主にミュージシャンの伝記の翻訳を手掛けるようになる

  • ページ数
    548p
  • ISBN
    978-4-492-04617-3
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ★発売たちまち17万部突破!
    ★「2017年最高の書」の声、続々!!
    TBS「王様のブランチ」BOOK総合ランキング、第2位(12月9日)
    読売新聞書評で紹介!(12月3日、評者柳川範之氏)
    日経新聞書評「この一冊」で紹介!(12月9日、評者小関広洋氏)
    朝日新聞書評「売れてる本」で紹介!(12月10日、評者佐々木俊尚氏)
    産経新聞書評で紹介!(12月10日、評者瀧本哲史氏)
    おすすめ本紹介サイト「HONZ」で紹介!(評者内藤順氏、田中大輔氏、古幡瑞穂氏)
    『Number』12月7日号「新刊ドラフト会議」で紹介!(評者為末大氏)
    『週刊現代』12月2日号「日本一の書評」で紹介!(評者楠木建氏)

    ★世界最強のブランドはいかにして生まれたか?
    ★創業者が自ら語る、ナイキの創業秘話!
    ★待望の翻訳、ついに刊行!

    父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える
    売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

    1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。
    彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、
    ナイキの創業経営者だ。

    オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、
    神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

    自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

    スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?
    しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

    「日本のシューズをアメリカで売る」。

    人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!

    ●著名人も絶賛!

    ビル・ゲイツ称賛!
    2016年おすすめの5冊に選出!

    成功するビジネスのありようを、誠実に思い起こさせてくれる。
    それは混沌と混乱に満ちた危険な旅であり、誤りと闘いと犠牲が常につきまとう。
    ここまで赤裸々に自身の歩んだ道を語るCEOなど、ほとんどいないだろう。
    フィル・ナイトが読者に何かを教えようとしたとは思えないが、
    読者はすばらしい学びを得るはずだ。
    彼はできうる限り正直に人生を語っている。驚愕の物語だ。
    (マイクロソフト創業者)
目次
夜明け アスリート人生
第1部(1962 オニツカとブルーリボン
1963 会計士として
1964 レジェンド・バウワーマン
1965 巨漢ヘイズ ほか)
第2部(1975 プリとの別れ
1976 バットフェイス
1977 ゴールラインは存在しない
1978 2500万ドルの請求 ほか)
夜 死ぬまでにしたいこと

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

ビジネス書大賞2018・大賞受賞!
<審査員コメント>
・ビジネスの現実は、論理できれいに割り切れるものではなく、予想もつかない出来事の連続だ。
ナイキという優れた会社の創業期においても、隠された"成功の方程式"なるものではなく、泥くさく、予想もつかない困難な現実に果敢に対処し続けていくことこそが成功の原動力であった――
その事実が、勇気と大きな学びを与えてくれる。

・経営者自身が語ることのパワーを感じさせられた1冊。
ケーススタディからそのエッセンスを整理して学ぶことも大切だが、それ以上に当事者本人が語る生々しい回想が貴重であることを迫力ある筆致で教えてくれた。

・ナイキは日本企業から多くを学んで創業した――今の若いビジネスパーソンは、この事実を意外と知らない。日本企業が輝いていた時代、こうした事例は珍しくなかった。
こうした掘り起こしもビジネス出版社の役割であることを再認識させられる。

・ナイキという突出したブランドの実話であること以上の、物語としての面白さに圧倒される。著者の語り手としての才能も感じさせられた。
起業家や経営者が自分の声で事業を語ることは、当時よりもさらに重要になってきている。
自らの事業をこれほどドラマチックに語ることができるかどうか、といった視点で読むことからも学びがあるはずだ。

・会社を立ち上げたことで起こる、さまざまな問題、政治的な駆け引きなどが身をもって具体的に書かれている。
経営者が直面せざるをえない不安が、見事に描き出されていて、過去の話であっても、現在における優れたスタートアップの教科書にもなり得る。

(ビジネス書大賞HPより)

ページの先頭へ

閉じる

  • SHOE DOG(シュードッグ)
  • SHOE DOG(シュードッグ)
  • SHOE DOG(シュードッグ)
  • SHOE DOG(シュードッグ)

拡大

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中