ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 疾風怒濤精神分析入門 ジャック・ラカン的生き方のススメ

  • 疾風怒濤精神分析入門 ジャック・ラカン的生き方のススメ

疾風怒濤精神分析入門 ジャック・ラカン的生き方のススメ

  • 片岡一竹/著 片岡 一竹
    1994年栃木県生まれ。2017年早稲田大学文化構想学部卒業。早稲田大学文学研究科表象・メディア論コース修士課程。戸山フロイト研究会主宰、東京精神分析サークル会員

  • ページ数
    199p
  • ISBN
    978-4-414-41631-2
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 精神分析の本質は病理的次元でなく倫理的な次元にある。
    そこでは病いに陥った人間が問題ではなく各人の生き方が問題とされる。
    精神分析を通して身体症状さえその多くが倫理的な意味をもっていることがわかる。
    哲学や思想や宗教と親和性のある精神分析の本質を、自らの経験をもとに分かりやすく書き下ろす。
    難解であるという定説を覆し不幸な受け入れられ方をした日本のラカン理解に楔を打ち込む一冊。
目次
第1部 精神分析とはどのような営みか(それでも、精神分析が必要な人のために―精神分析は何のためにあるのか
自分を救えるのは自分しかいない―精神分析が目指すもの)
第2部 精神分析とはどのような理論か(国境を超えると世界が変わってしまうのはなぜか?―想像界・象徴界・現実界について
私とはひとりの他者である―鏡像段階からシニフィアンへ
父親はなぜ死んでいなければならないのか―エディプス・コンプレクスについて
不可能なものに賭ければよいと思ったら大間違いである―現実界について
すべてうまくはいかなくても―分析の終結について)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

精神分析の本質は病理的次元でなく倫理的な次元にある。
そこでは病いに陥った人間が問題ではなく各人の生き方が問題とされる。
精神分析を通して身体症状さえその多くが倫理的な意味をもっていることがわかる。
哲学や思想や宗教と親和性のある精神分析の本質を、自らの経験をもとに分かりやすく書き下ろす。
難解であるという定説を覆し不幸な受け入れられ方をした日本のラカン理解に楔を打ち込む一冊。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 疾風怒濤精神分析入門 ジャック・ラカン的生き方のススメ
  • 疾風怒濤精神分析入門 ジャック・ラカン的生き方のススメ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中