ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 犯罪学ハンドブック

  • 犯罪学ハンドブック

犯罪学ハンドブック

  • アンソニー・ウォルシュ/著 松浦直己/訳 ウォルシュ,アンソニー(Walsh,Anthony)
    オハイオ州のボーリング・グリーン・ステート大学で博士号を取得。現在はアイダホ州にある、ボイシ州立大学の教授であり、犯罪学、統計学、法学および矯正に関するケースワークやカウンセリングの授業を担当している。法執行および矯正に関する実務経験があり、30冊以上の著者、共著者であり、150編以上の論文を執筆している

    松浦 直己
    三重大学教育学部特別支援教育講座(医学)教授、福井大学こどものこころの発達研究センター客員教授。博士(学校教育学)と博士(医学)を持つ。神戸大学教育学部卒業後、神戸市公立小学校教諭を15年経験。その後奈良教育大学特別支援教育研究センター、東京福祉大学を経て現職。言語聴覚士、学校心理士、特別支援教育士スーパーバイザー、専門社会調査士などの専門資格を有する。専門は少年非行、特別支援教育、発達障がい、犯罪心理学、近赤外線スペクトロスコピーを用いた神経学的評価研究など

  • ISBN
    978-4-7503-4543-7
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

20,000 (税込:22,000

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
犯罪、犯罪学とは
犯罪と犯罪行動の数値化
被害者学―犯罪被害経験を探究する
犯罪学を形成した初期の学派
合理的選択としての犯罪、情動、および犯罪行動
社会構造理論
社会過程理論
批判理論とフェミニズム理論
心理社会学的理論―個人特性と犯罪行動
生物社会学的アプローチ
発達理論―非行発症から離脱まで
暴力犯罪
テロリズム
財産犯罪
公共秩序犯罪
ホワイトカラー犯罪
組織犯罪

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
原題 原タイトル:CRIMINOLOGY 原著第2版の翻訳
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 犯罪学ハンドブック
  • 犯罪学ハンドブック

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中