ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 習仲勲の生涯 改革開放の立役者

  • 習仲勲の生涯 改革開放の立役者

習仲勲の生涯 改革開放の立役者

  • 夏蒙/著 王小強/著 水野衛子/訳 夏 蒙()
    1961年12月生まれ。山東省蒙陰出身。CCTV記者。ドキュメンタリー映画監督。中共中央党校採録編集顧問、中国共産党大会第一回大会記念館特約研究員

    王 小強()
    1974年10月生まれ。陝西省富平出身。地方党史研究専門家、陝西省富平県党史研究室主任

    水野 衛子
    1958年生まれ。慶應義塾大学文学部中国文学専攻卒業。現在、中国映画・中国文学の翻訳業

  • ページ数
    323p
  • ISBN
    978-4-907051-20-4
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,200 (税込:5,616

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 習仲〓とは、中国国家主席習近平の父親であり、改革開放の実質的推進者として新中国を拓いた1人である。本書は、習仲〓が亡くなる二〇〇二年五月二四日までの八九年にわたる一生を、三九項目に及ぶエピソードで構成しています。若き時代での考えや行動、毛沢東との出会い、中央人民政府、また改革開放時代での各事業における活躍そして冤罪による下放、さらに家族とのきずななど、その多難な人生を貴重かつ豊富な写真をもとにまとめています。
目次
【主要目次】
出版にあたって
習仲勲略歴
訳者はしがき
淡村?の農家の少年
獄中で共産党員となる
両当クーデターの銃声
劉志丹、謝子長に初めて会う
照金革命根拠地を作る
陳家坡会議で危機を挽回
辺区政府の坊や主席
誤って反革命分子として粛清される
西北ソビエト区が紅軍長征の終点となる
延安のために南大門を守る
“党の利益が第一”
延安の北門を守る
革命の“両地書”
爺台山反撃戦
毛沢東の9通の手紙
横山起義を策動する
辺区各部隊は彭徳懐の配下に入り、習仲勲が指揮することに
土地改革の極左を正し、毛沢東がこれに完全に同意する
“すべては前線のため、すべては新区の発展のため”
大西北を経略する
中央人民政府特命代表
毛沢東いわく「諸葛亮孔明よりすごい」
すご腕の中央宣伝部長
国務院の“大番頭”
周総理の“内交部長”
受勲命令を宣読する
国務院に陳情制度を設ける
大躍進ブームの中でも冷静
西安の城壁を三度補修する
秦腔と京劇
小説『劉志丹』事件
冤罪16年、二度洛陽に下放される
65歳で広東書記になる
冤罪事件に大なたをふるう
密出国ブームを抑える
中央に権利を求め、広東を先に一歩進ませる
命がけの特区建設で見いだす起死回生の道
再び中南海に
海は百川を納める
結び
習仲勲の生涯

商品詳細情報

サイズ 22cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

現中国国家主席・習近平の父にして国家元老。息子に大きな影響を与え中華人民共和国の建国を支えた足跡を、その生い立ちから克明に記録した貴重な伝記。貴重な写真を多数収録。 本書は、習仲勲が亡くなる二〇〇二年五月二四日までの八九年にわたる一生を、三九項目に及ぶエピソードで構成しています。若き時代での考えや行動、毛沢東との出会い、中央人民政府、また改革開放時代での各事業における活躍そして冤罪による下放、さらに家族とのきずななど、その多難な人生を貴重かつ豊富な写真をもとにまとめています。

ページの先頭へ

閉じる

  • 習仲勲の生涯 改革開放の立役者
  • 習仲勲の生涯 改革開放の立役者

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中