ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 桜島大爆震記録集成

  • 桜島大爆震記録集成

桜島大爆震記録集成

  • 古垣光一/著 古垣 光一
    鹿児島県鹿児島市鷹師町68番地生まれ(昭和23年5月5日)。中央大学文学部博士課程単位取得退学。専攻は歴史学、教育学。東京薬科大学教授、千葉県立保健医療大学教授を歴任。現在、国士舘大学、北海道科学大学の非常勤講師。アジア教育史学会会長、社会人文学会会長

  • ページ数
    279p
  • ISBN
    978-4-86124-366-0
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大正噴火の重要記録を網羅。その時、何が起き、何を聞き、人々はどう行動したのか。桜島は3分の2の家屋が滅失し、鹿児島市民は大混乱の中、家・財産を捨て遠く各地に避難した。大隅半島の姶良、曽於、肝属各郡は降灰で埋まった。本書は、各地の市民、学校教員、行政、測候所、新聞記者、地震学者など、当事者ならではの迫真の記録を網羅する。
目次
第1章 桜島大正噴火の概要
第2章 鹿児島市における体験―『大正三年一月桜島大爆震 遭難記』について
第3章 『大正三年一月桜島大爆震 遭難記』
第4章 東桜島村における体験
第5章 西桜島村における体験
第6章 大隅半島における体験―永正善八郎著『桜島爆震記』
第7章 測候所長としての体験
第8章 新聞記者、南水生の体験
第9章 鹿児島県出身の地震学者、今村明恒の体験
年表“桜島の活動の略年表”

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 桜島大爆震記録集成
  • 桜島大爆震記録集成

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中